トランプ大統領は政策停滞にいら立っている

米国務長官をクビにしたワケ

その後、米国の対外政策をもっと穏健にするよう助言していたティラーソン国務長官は更迭され、後任にはトランプ氏への忠誠度が高いマイク・ポンペオ中央情報局(CIA)長官を充てる方針が、トランプ氏のツイッターで発表された。

トランプ氏の非公式アドバイザーになっているニュート・ギングリッチ元下院議長は「トランプ氏は自分が望む行動に大筋で同意し、なおかつ同氏をチームリーダーとして受け入れる人物を求めている」と指摘した。

お手盛り内閣

トランプ氏は記者団に「内閣やその他の事案は現在、私が望ましいと思う姿にかなり近づいている段階にある。マイク(ポンペオ氏)に関して、われわれは初めから非常に良好な関係を保ってきた」と語った。

トランプ氏と付き合いの長い人々の話では、同氏の大統領としての行動は以前のビジネスマン時代と変わっていない。

同氏の選挙陣営のストラテジストだったバリー・ベネット氏は「トランプ氏の考えを変えられると考えていた向きは、随分前にわれわれが選挙中に分かった事実を思い知っている。つまり彼の考えは変えられないのだ。トランプ氏をよりましにはできても、意見を180度ひっくり返せそうにはない。彼に何かしないよう説得する任務は『遂行不能』だ」と断言した。

トランプ氏はホワイトハウス運営を、以前に自分が進行役で出演していたテレビ番組と同列に扱っているとの批判も聞かれる。

民主党のパトリック・リーヒ上院議員は「ツイッターで国務長官をクビにするのは、劇的な演出やテレビの瞬間視聴率には役立つかもしれないが、今回も含めた枚挙にいとまがない同じようなこうした行為は(政治を)全く不安定化させ、国家とホワイトハウスのすべての職務レベルに打撃を与える」と厳しく意見した。

閣僚の交代はまだ続き、トランプ氏はコーン氏の後任のNEC委員長をこれから発表する。ギングリッチ氏は、コーン氏よりも「ウマが合う」人物を起用すると予想した。トランプ氏は、保守派コメンテーター、ラリー・カドロー氏が最有力候補だとほのめかしている。

それだけでなくジョン・ケリー大統領首席補佐官やハーバート・マクマスター大統領補佐官(安全保障担当)などもトランプ氏と意見が衝突したことがあり、一連の経緯やトランプ氏が人事刷新に言及している点からすると、ホワイトハウスを去る可能性がある。

(Jeff Mason、James Oliphant記者)

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 女性の美学
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 最新の週刊東洋経済
  • 中原圭介の未来予想図
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
チャイナ・スタンダード<br>新・ハイテク覇権国 中国

5G、IoTなど次世代技術の主導権をめぐって激突する米中。その間にも中国テック企業のイノベーションは着々と進む。ファーウェイ、アリババ、鴻海……。世界のハイテク覇権を狙う中国企業たちの実力を総点検する。