北朝鮮はトランプ大統領を「利用」しかねない

トップ会談に対して米有力議員から警戒の声

ポンペオ長官は、CBSの「フェイス・ザ・ネーション」で、「トランプ政権は油断せず監視し続け、この会話が続く間中、北朝鮮へ圧力をかけ続けるでしょう」と語った。

米国は、「目に余る」人権侵害に対し、10月に北朝鮮の個人や団体に対する制裁を課し、2月にはさらなる制裁を加えた。

先週、6人の共和党上院議員は、「凶悪な政権」に圧力をかけ続けるという計画の共有を要請する手紙をトランプ大統領に送った。その1人、共和党のコリー・ガードナー氏は、11日、CBSに「会談を行う前に北朝鮮の具体的な措置を確認することが重要です。この会談の後は、外交的選択が狭まるでしょう」と語った。

マヌーチン財務長官はNBCの「ミート・ザ・プレス」に出演し、トランプ大統領が北朝鮮の核兵器保有を食い止めるために十分に外交を行っていないという批判に対し、「大統領は会談の場に立ち、取引できるかどうかを見極めるのです」と語った。

「テレビ受けするのは確実」

ユーラシア・グループのイアン・ブレマー社長はCNNの「Fareed Zakaria GPS」で、特に解決困難な地政学的問題において、どの米国大統領も実現できなかったことを行うという可能性はトランプ大統領にとって非常に魅力的なものだったと述べた。

北朝鮮とのトップ会談が「テレビ受け」することは確実だが…(写真:REUTERS/Joshua Roberts)

「両国トップの会談は初めてのことであり、テレビ受けするのは確実。明らかにトランプ大統領は実現させたいと考えている。しかし、それは実現するという意味ではない」とブレマー氏は語った。

(執筆:Doina ChiacuとPete Schroederによるリポート、追加執筆:ソウルのChristine Kimと北京のBen Blanchard、編集:Caren Bohan、Jeffrey Benkoe、Richard Chang)

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT