「支援の谷間」に落ちた被災者の深刻な生活苦

在宅被災者が復興支援から取り残されている

食料を届けるチーム王冠の伊藤さん(右)と在宅被災者の佐藤さん(記者撮影)

いてつく寒さが続く宮城県石巻市。一人暮らしの高齢男性の自宅を、ボランティアが訪ねた。

「わずかですけど、受け取ってくださいね」

東日本大震災発生以降、7年近くにわたって被災者支援を続けている「チーム王冠」の伊藤健哉さんが、津波で被災した自宅で暮らす佐藤悦一郎さん(74)にコメを手渡した。

「いつもありがとうございます。これで何とか空腹をしのぐことができる」。佐藤さんはこう言って頭を下げた。

医療費免除を打ち切り

佐藤さんは仮設住宅に入居せず、壊れた自宅を応急修理して住み続けている「在宅被災者」の一人だ。

年金生活の佐藤さんの生活は火の車だ(記者撮影)

だが、生活は厳しい。自宅の修理は不完全で、台所の床は腐りかけている。年金だけでは生活費を賄えない月が多く、義援金のみならず、貯金も使い果たした。

地震直後にタンスが倒れて両ひざを負傷。一時は歩くことも困難になった。医者知らずだった佐藤さんは、震災後、糖尿病や高血圧、難聴などさまざまな病気を発症。現在、4カ所の医療機関に通い、毎日12種類の薬を飲み続けている。

現在、佐藤さんを追い詰めているのが、国民健康保険の医療費免除の打ち切りだ。白内障で4月に両目の手術を予定しているが、「おカネがないので、取りやめになるかもしれない」(佐藤さん)。

次ページ市の負担継続が困難
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
  • iPhoneの裏技
  • コロナ戦争を読み解く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手不動産がこぞって参戦<br>「シェアオフィス」ブームの内実

テレワークや働き方改革の浸透で存在感を高めているのが「シェアオフィス」です。大手から中小まで多数の参入が相次いでいますが、目的はさまざま。通常のオフィス賃貸と比べた収益性も事業者で濃淡があり、工夫が必要です。