「支援の谷間」に落ちた被災者の深刻な生活苦

在宅被災者が復興支援から取り残されている

食料を届けるチーム王冠の伊藤さん(右)と在宅被災者の佐藤さん(記者撮影)

いてつく寒さが続く宮城県石巻市。一人暮らしの高齢男性の自宅を、ボランティアが訪ねた。

「わずかですけど、受け取ってくださいね」

東日本大震災発生以降、7年近くにわたって被災者支援を続けている「チーム王冠」の伊藤健哉さんが、津波で被災した自宅で暮らす佐藤悦一郎さん(74)にコメを手渡した。

「いつもありがとうございます。これで何とか空腹をしのぐことができる」。佐藤さんはこう言って頭を下げた。

医療費免除を打ち切り

佐藤さんは仮設住宅に入居せず、壊れた自宅を応急修理して住み続けている「在宅被災者」の一人だ。

年金生活の佐藤さんの生活は火の車だ(記者撮影)

だが、生活は厳しい。自宅の修理は不完全で、台所の床は腐りかけている。年金だけでは生活費を賄えない月が多く、義援金のみならず、貯金も使い果たした。

地震直後にタンスが倒れて両ひざを負傷。一時は歩くことも困難になった。医者知らずだった佐藤さんは、震災後、糖尿病や高血圧、難聴などさまざまな病気を発症。現在、4カ所の医療機関に通い、毎日12種類の薬を飲み続けている。

現在、佐藤さんを追い詰めているのが、国民健康保険の医療費免除の打ち切りだ。白内障で4月に両目の手術を予定しているが、「おカネがないので、取りやめになるかもしれない」(佐藤さん)。

次ページ市の負担継続が困難
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
12のスキルを完全レクチャ<br>ー! 無敵の話し方

ビジネスシーンで大きな武器になる「話し方」。スピーチや交渉、会議など12のスキルを徹底解説します。『世界最高の話し方』著者による共感力スピーチの極意、TED流のノウハウが2時間で身に付くプレゼン術、自民党総裁選候補者のスピーチ診断も掲載。

東洋経済education×ICT