「各停だけ・接続なし」で利用者が多い駅は?

急行停車駅を上回る乗降客数の駅もある

まず、上位20位に入っている駅数を見ると、東武東上線、東急田園都市線・東横線が4駅でトップタイ、続いて小田急小田原線の3駅となる。50位まで範囲を広げると東武伊勢崎線(東武スカイツリーライン)が急伸してくるものの、上記4路線が強い傾向は変わらない。東横・田園都市・小田急はもともと路線自体の利用者数が多いことから、優等列車通過駅であっても他路線より乗降客数が多く、上位にランクインしていると考えられる。

特に東横線は全線にわたって利用者数が多く、さらに急行停車駅がすでに多すぎるという点が「各停しか停まらない駅でも利用者が多い」ことにつながっていると思われる。たとえば5位の大倉山は乗降客数が5万人を超えており、急行が停まってもよさそうだが、菊名と綱島という急行停車駅に挟まれている。9位の都立大学はやや少ないが、こちらも同様に両側が急行停車駅だ。急行を停めてもよさそうな規模だが、そうすると急行が各駅停車になってしまい本末転倒の事態となる。そんなジレンマすら垣間見えて興味深い。

都立大学の名が出たところでついでに触れておくと、3位には東武伊勢崎線の獨協大学前、20位には京王井の頭線の駒場東大前がランクイン。この2駅は、すでに大学が近くにない(大学自体も移転後名前が変わってしまった)都立大学駅とは異なり、実際に大学の最寄り駅だ。やはり大学生や大学職員というのは相当数の利用客になるのだろう。

次ページ小田急の上位3駅はもうすぐランキング離脱?
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
  • 会社を変える人材開発の極意
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる日立<br>IoTで世界へ挑む

日本を代表する巨大総合電機企業が今、「脱製造業」ともいえる動きに舵を切っています。攻めの主役は「ルマーダ」。社長の肝煎りで始まった独自のIoT基盤です。データを軸にGAFAと組むことも辞さないという改革の成否が注目されます。