Apple Watchが冬のリゾートで活躍するワケ

初めてのゲレンデでも自分の居場所を表示

2月28日、Apple Watch Series 3用のスノースポーツに特化したアプリが登場した(筆者撮影)

2017年9月にアップルが発売したApple Watchの最新機種「Series 3」。バッテリー持続時間18時間は前機種と変わらないが、GPSと高度計、そして単体でのモバイル通信をサポートしており、「iPhoneを持たずに過ごす時間を人々に与える」新しい価値を提供するようになった。

【お知らせ】3月13日18時〜、「松村太郎のシリコンバレー深層リポート」購読者限定のミートアプイベントを東京・日本橋の東洋経済新報社で開催します。この機会に購読をご検討下さい。購読の申込みはこちらから。

これまで、Apple Watchはフィットネスやワークアウトを中心とした機能で市場を喚起してきたが、2018年の注目は医療分野になる。アップルは昨年9月の発表イベントで心臓病の研究やユーザーの頻脈を検出するアプリ「Apple Heart Study」を米国向けに提供している。

加えて、2018年春に配信されるiOS 11.3では医療情報を自分のiPhoneに集約できる機能を提供するほか、アップル自身も従業員とその家族向けのかかりつけ医を春から開設し、同社のデバイスやサービスを生かしたコンシェルジュのような医療サービスを目指すという。

iPhone以上に身につけ続けるApple Watchは、スマートフォンではできなかった新しい分野を開拓しているまっただ中だ。

スノースポーツに特化したアプリが登場

そうした中、2月28日にApple Watch Series 3で活用できるスノースポーツに特化したアプリが登場した。Slopes、Snoww、Zonesなどがアップデートにより、スキーやスノーボード中のカロリー計測や滑走速度(平均・最高)、滑走数、滑走時間、水平距離、高度差を記録できるようになったのだ。

アップルはApple Watch標準のワークアウトアプリに「スキー」や「スノーボード」を用意していないが、同社は既に、GPSやモーションセンサー、心拍センサーを組み合わせたスノースポーツのアルゴリズムを完成させており、アプリ開発者は独自のアルゴリズムを作らなくても、Apple Watch向けのスノースポーツ計測アプリを完成させられる。

次ページスキーワークアウトのAPIを活用
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。