ルノー・日産・三菱、重点部門の統合を加速へ

「統合を加速しシナジー高める」ゴーンCEO

 3月1日、ルノー・日産・三菱自動車連合は重点部門の機能統合を加速するプロジェクトを開始すると発表した。写真はルノーのカルロス・ゴーン最高経営責任者(CEO)。2017年3月撮影(2018年 ロイター/Denis Balibouse/File Photo)

[パリ 1日 ロイター] - ルノー<RENA.PA>・日産<7201.T>・三菱自動車<7211.T>連合は1日、重点部門の機能統合を加速するプロジェクトを開始すると発表した。3社は購買、研究・開発、生産・物流で機能統合を深化するという。重点部門で新たにプロジェクトリーダーを任命したことも明らかにした。

ルノーのカルロス・ゴーン最高経営責任者(CEO)は「メンバー企業を支援するために統合を加速し、シナジーを高める」とするコメントを発表した。

3社は昨年9月、2022年までの6カ年計画を発表し、グループの統合をさらに進めることで従来計画の2倍となる年間100億ユーロ(119億ドル)超の支出を削減する方針を明らかにした。

また、22年までにグループ全体の販売台数を1400万台に拡大し、17年の1060万台から引き上げるとした。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産 危機の全貌<br>ゴーン追放 修羅場が迫る

19年間トップに君臨したカルロス・ゴーン氏が失脚。逮捕、そして解任という前代未聞の事態は実は序章にすぎない。カリスマの追放で日産自動車はこれからどうなるのか。日産に渦巻く危機の全貌を探る。