サムスン電子、3Q営業利益は過去最高へ

利益水準は、前年同期比25%増の10.1兆ウォン

10月4日、韓国のサムスン電子は第3・四半期(7─9月期)の業績予想を発表した。先月撮影(2013年 ロイター/Fabrizio Bensch)

[ソウル 4日 ロイター] - 韓国のサムスン電子<005930.KS>は4日、第3・四半期(7─9月期)の業績予想を発表した。営業利益は25%増の10兆1000億ウォン(94億ドル)で、過去最高を見込んでいる。モバイル機器事業の利益の伸びは弱含むものの、半導体メモリーの販売が大きく改善する。

トムソン・ロイター・エスティメーツによるアナリスト34人を対象とした調査では9兆9600億ウォンになると予想されていた。

第3・四半期決算の詳細は10月25日までに公表される予定。

売上高は59兆ウォンを見込んでおり、市場予想の60兆ウォンを下回った。

*内容を追加します。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 不安な時代、不機嫌な人々
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT