サムスン電子、3Q営業利益は過去最高へ

利益水準は、前年同期比25%増の10.1兆ウォン

10月4日、韓国のサムスン電子は第3・四半期(7─9月期)の業績予想を発表した。先月撮影(2013年 ロイター/Fabrizio Bensch)

[ソウル 4日 ロイター] - 韓国のサムスン電子<005930.KS>は4日、第3・四半期(7─9月期)の業績予想を発表した。営業利益は25%増の10兆1000億ウォン(94億ドル)で、過去最高を見込んでいる。モバイル機器事業の利益の伸びは弱含むものの、半導体メモリーの販売が大きく改善する。

トムソン・ロイター・エスティメーツによるアナリスト34人を対象とした調査では9兆9600億ウォンになると予想されていた。

第3・四半期決算の詳細は10月25日までに公表される予定。

売上高は59兆ウォンを見込んでおり、市場予想の60兆ウォンを下回った。

*内容を追加します。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 中学受験のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
海外進出、そして株式上場へ<br>新日本プロレスの復活と野望

どん底の2000年代を経て鮮やかなV字回復を果たしたプロレス界の雄。キャラクターの異なるスター選手を複数抱え、観客の4割は女性だ。外国人経営者の下、動画配信や海外興行など攻めの姿勢を見せる。株式上場も視野に入ってきた。