五輪カーリング女子、日本4強へ前進

スウェーデンに逆転勝ち

 2月19日、平昌冬季五輪のカーリング女子1次リーグで日本はスウェーデンに競り勝ち、通算5勝2敗の2位に浮上して決勝トーナメント進出に前進した。(2018年 ロイター/Cathal McNaughton)

[19日 ロイター] - 平昌冬季五輪は19日、カーリング女子1次リーグの試合を行い、日本はスウェーデンに5─4で競り勝った。通算5勝2敗の2位に浮上し、上位4チームによる決勝トーナメント進出に前進した。

世界ランク6位の日本はこの日午前に行われた同1位のカナダ戦に3─8で敗戦。同5位のスウェーデン戦では2─4で迎えた第9エンドに追いつき、最終の第10エンドで勝ち越した。

吉田知那美は「諦めなくて良かった。カーリングは最後の一投まで分からない」と、ほっとした様子だった。

日本は1次リーグ残り2戦となり、20日に英国、21日にスイスと対戦する。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • ブルー・オーシャン教育戦略
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>世界で戦える組織へ

成長を確実にする組織の根幹を成すのが、研究開発と人事である。研究開発体制は2015年4月、各研究所に横串を通し、顧客起点の組織に生まれ変わらせた。人事制度もグローバル化がほぼ完了。踊り場から飛躍へ、日立の地固めの様相を追う。