五輪カーリング女子、日本4強へ前進

スウェーデンに逆転勝ち

 2月19日、平昌冬季五輪のカーリング女子1次リーグで日本はスウェーデンに競り勝ち、通算5勝2敗の2位に浮上して決勝トーナメント進出に前進した。(2018年 ロイター/Cathal McNaughton)

[19日 ロイター] - 平昌冬季五輪は19日、カーリング女子1次リーグの試合を行い、日本はスウェーデンに5─4で競り勝った。通算5勝2敗の2位に浮上し、上位4チームによる決勝トーナメント進出に前進した。

世界ランク6位の日本はこの日午前に行われた同1位のカナダ戦に3─8で敗戦。同5位のスウェーデン戦では2─4で迎えた第9エンドに追いつき、最終の第10エンドで勝ち越した。

吉田知那美は「諦めなくて良かった。カーリングは最後の一投まで分からない」と、ほっとした様子だった。

日本は1次リーグ残り2戦となり、20日に英国、21日にスイスと対戦する。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 地方創生のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT