日本ジャンプ男子団体、2大会連続メダル逃す

6位に、葛西選手は現役続行に意欲

Ski Jumping - Pyeongchang 2018 Winter Olympics - Men痴 Team Trial round - Alpensia Ski Jumping Centre - Pyeongchang, South Korea - February 19, 2018 - Noriaki Kasai of Japan competes. REUTERS/Dominic Ebenbichler

[平昌(韓国) 19日 ロイター] - 平昌冬季五輪は19日、スキージャンプの男子団体(ヒルサイズ=HS142メートル)を行い、日本(竹内択、伊東大貴、葛西紀明、小林陵侑)は6位で、2大会連続のメダルはならなかった。

日本は1回目6位で2回目に進んだが、合計940.5点に終わり、順位を上げられなかった。

冬季五輪史上最多8度目の出場だった葛西は「メダルを取った選手を見て、次は絶対自分が取るぞという悔しい気持ちが湧いてきている」とコメントし、4年後の北京大会出場に意欲を示した。

ノルウェーが1098.5点で優勝。ドイツが2位、ポーランドが3位だった。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 就職四季報プラスワン
  • 小幡績の視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT