日本ジャンプ男子団体、2大会連続メダル逃す

6位に、葛西選手は現役続行に意欲

Ski Jumping - Pyeongchang 2018 Winter Olympics - Men痴 Team Trial round - Alpensia Ski Jumping Centre - Pyeongchang, South Korea - February 19, 2018 - Noriaki Kasai of Japan competes. REUTERS/Dominic Ebenbichler

[平昌(韓国) 19日 ロイター] - 平昌冬季五輪は19日、スキージャンプの男子団体(ヒルサイズ=HS142メートル)を行い、日本(竹内択、伊東大貴、葛西紀明、小林陵侑)は6位で、2大会連続のメダルはならなかった。

日本は1回目6位で2回目に進んだが、合計940.5点に終わり、順位を上げられなかった。

冬季五輪史上最多8度目の出場だった葛西は「メダルを取った選手を見て、次は絶対自分が取るぞという悔しい気持ちが湧いてきている」とコメントし、4年後の北京大会出場に意欲を示した。

ノルウェーが1098.5点で優勝。ドイツが2位、ポーランドが3位だった。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「日本の外交」超入門
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 若手社員のための「社会人入門」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
背水のフジテレビ<br>500日の苦闘

日枝会長が退き宮内新体制が発足してから1年半。増益に転じたが視聴率は低迷を続ける。長寿番組の打ち切りが象徴する大胆な編成改革に加え、組織もコストも抜本的に見直した。背水の陣を敷く同社の人間ドラマを追う。