資生堂、売上高1兆円を初めて突破できた理由

魚谷社長「3年前倒しでの達成はうれしい」

2017年12月期の決算で売上高1兆円を初めて突破した資生堂。当初計画より3年前倒しでの達成となった(撮影:今井康一)

「(2020年12月期を最終年度とする)中長期戦略で目標としていた売上高1兆円を3年前倒しで達成できたのは非常にうれしい。世界で勝つためにはもっと高みを目指したい」。資生堂の魚谷雅彦社長は満足そうにこう語った。

シワ改善クリームが牽引

2月8日、同社は2017年12月期の決算を発表した。売上高は1兆0050億円(前期比18.2%増)、本業の儲けを示す営業利益は804億円(同2.1倍)と増収増益で着地した。資生堂が売上高で1兆円を超えたのは創業140年余りの歴史で初めてのことだ。

2017年6月に発売したシワ改善クリーム。ドラッグストアなどでの販売が好調に推移している(資生堂提供)

好調だった要因の1つが訪日外国人(インバウンド)需要だ。とりわけ、中国人女性を中心に高品質の日本製化粧品に対する人気が高まっている。資生堂では高価格帯の化粧品が伸び、免税売上高は585億円(前期比70%増)と拡大。日本だけではなく、中国本土や世界各地の空港免税店で同じモデルを起用したプロモーション活動を展開するなどの販促策も効いている。

強いのはインバウンドだけではない。主要顧客である日本人の購入が増えているのだ。資生堂の2017年12月期の国内売上高4310億円のうち、日本人向けの売り上げは3725億円と圧倒的。かつ、その売り上げが前期から5%伸びているのだ。

牽引役はシワ改善クリームだ。2017年に初めて医薬部外品として厚生労働省の認可が下りた製品で、同年1月にポーラが先行して発売したところ、瞬く間に大ヒット商品となった。

負けじと資生堂も6月に「エリクシール」ブランドのシワ改善クリームを発売。さらに11月には美白効果を加えた第2弾のシワ改善化粧品も投入し、2つの製品を合わせて昨年末までに約170万個を売り上げた。

次ページ資生堂のアキレス腱とは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • コロナ後を生き抜く
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT