トランスジェンダーの女性が初のクイーンに

今年のリオのカーニバルで

 2月6日、11日に開幕するリオのカーニバルで、パレードに出場する著名サンバチームの1つであるアカデミコス・ド・サルゲイロのクイーンに、初めてトランスジェンダーの女性カミーラさんが選ばれた。写真は先月11日撮影(2018年 ロイター/Pilar Olivares)

[リオデジャネイロ 6日 ロイター] - 11日に開幕するリオのカーニバルで、パレードに出場する著名サンバチームの1つであるアカデミコス・ド・サルゲイロのクイーンに、初めてトランスジェンダーの女性が選ばれた。

14歳で初めて男子としてパレードに参加して以後、16年間に4回の整形手術を経て、現在はカミーラと名乗っている。

リオ郊外のファベラ(貧民街)で生まれたカミーラさんはカーニバル愛好者となり、14歳で近隣の小グループとともにデビュー、2008年からサルゲイロの山車に乗ってパレードするようになった。昨年、サルゲイロの団長から重要ポジションに抜擢され、黒人女性の強さを讃える今年のテーマでクイーンを務めることになった。

団長は「この美しいトランスジェンダーの女性をわれわれの代表とするのは、ごく自然なことだ」と述べた。

ブラジルは自由で寛大な国の印象を持たれているが、性的少数者(LGBT)社会は重大な憎悪犯罪や殺人に直面している。LGBTの擁護団体によると、2017年にブラジルで殺害されたLGBTは170人を超え、メキシコの56人、米国の25人をはるかに上回っている。 

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。