トランスジェンダーの女性が初のクイーンに

今年のリオのカーニバルで

 2月6日、11日に開幕するリオのカーニバルで、パレードに出場する著名サンバチームの1つであるアカデミコス・ド・サルゲイロのクイーンに、初めてトランスジェンダーの女性カミーラさんが選ばれた。写真は先月11日撮影(2018年 ロイター/Pilar Olivares)

[リオデジャネイロ 6日 ロイター] - 11日に開幕するリオのカーニバルで、パレードに出場する著名サンバチームの1つであるアカデミコス・ド・サルゲイロのクイーンに、初めてトランスジェンダーの女性が選ばれた。

14歳で初めて男子としてパレードに参加して以後、16年間に4回の整形手術を経て、現在はカミーラと名乗っている。

リオ郊外のファベラ(貧民街)で生まれたカミーラさんはカーニバル愛好者となり、14歳で近隣の小グループとともにデビュー、2008年からサルゲイロの山車に乗ってパレードするようになった。昨年、サルゲイロの団長から重要ポジションに抜擢され、黒人女性の強さを讃える今年のテーマでクイーンを務めることになった。

団長は「この美しいトランスジェンダーの女性をわれわれの代表とするのは、ごく自然なことだ」と述べた。

ブラジルは自由で寛大な国の印象を持たれているが、性的少数者(LGBT)社会は重大な憎悪犯罪や殺人に直面している。LGBTの擁護団体によると、2017年にブラジルで殺害されたLGBTは170人を超え、メキシコの56人、米国の25人をはるかに上回っている。 

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
目からウロコの<br>日本史再入門

10年前の歴史常識が、今は非常識。教科書は最新の研究や学説を反映し、つねに書き換えられている。蒙古襲来「嵐で沈没」のウソ、江戸時代「鎖国」はなかった…歴史の新常識を凝縮。