トランスジェンダーの女性が初のクイーンに

今年のリオのカーニバルで

 2月6日、11日に開幕するリオのカーニバルで、パレードに出場する著名サンバチームの1つであるアカデミコス・ド・サルゲイロのクイーンに、初めてトランスジェンダーの女性カミーラさんが選ばれた。写真は先月11日撮影(2018年 ロイター/Pilar Olivares)

[リオデジャネイロ 6日 ロイター] - 11日に開幕するリオのカーニバルで、パレードに出場する著名サンバチームの1つであるアカデミコス・ド・サルゲイロのクイーンに、初めてトランスジェンダーの女性が選ばれた。

14歳で初めて男子としてパレードに参加して以後、16年間に4回の整形手術を経て、現在はカミーラと名乗っている。

リオ郊外のファベラ(貧民街)で生まれたカミーラさんはカーニバル愛好者となり、14歳で近隣の小グループとともにデビュー、2008年からサルゲイロの山車に乗ってパレードするようになった。昨年、サルゲイロの団長から重要ポジションに抜擢され、黒人女性の強さを讃える今年のテーマでクイーンを務めることになった。

団長は「この美しいトランスジェンダーの女性をわれわれの代表とするのは、ごく自然なことだ」と述べた。

ブラジルは自由で寛大な国の印象を持たれているが、性的少数者(LGBT)社会は重大な憎悪犯罪や殺人に直面している。LGBTの擁護団体によると、2017年にブラジルで殺害されたLGBTは170人を超え、メキシコの56人、米国の25人をはるかに上回っている。 

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT