島耕作を今から読み始める人に教えたい知恵

課長?ヤング?どの順番ならわかりやすい?

「どこから読めばいいか?」は難しい問題です(写真:さわだ ゆたか / PIXTA)

テレビ朝日の人気番組「アメトーーク!」で、2回目の「島耕作芸人」が1月25日に放送されました。

ここでは「永遠にモテ続ける中高年理想の男」島耕作シリーズについての情報をまとめ、シリーズのどこから読めば良いか、参考になる情報をお届けしたいと思います。

結局、島耕作シリーズはどれだけあるの?

シリーズ最初の『課長島耕作』をはじめ『ヤング島耕作』から現在連載中の『会長島耕作』まで、多くの本編・スピンオフがありますが「島耕作をどこから読めばよいか?」という問いは、ある意味スターウォーズやJoJoシリーズにおける論争と同じくらい難しい問題と言えそうです。

まず、現在発刊している主要な島耕作シリーズを、単行本発刊の順番で一覧化してみました。

【表1】現在発刊している主要な島耕作シリーズ(表:マンガ新聞より)

壮観です。

当記事は、マンガ新聞の提供記事です

表に入れたものだけを合計すると、主要なスピンオフを含めて、2018/1/25時点で全78巻ありました。

この珠玉のシリーズについて、それぞれ触れることも考えたのですが、調べるうちに講談社さんの恐ろしい取組を発見しました。

いきなり結論めいたことになりますが、迷ったら、いや迷う前に『島耕作だヨ!全員集合 33話分試し読みパック』を読めば良いのです。

次ページ講談社のWebサイトでも
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
官僚の掟<br>忖度エリートのカネと出世

不人気、不遇、不祥事で没落するエリートたちの悲哀。次々に発覚する官僚たちの過ち。採用応募者は年々減少し、東大生の官僚離れが顕著に。それでも官僚はおいしい仕事なのか?