島耕作を今から読み始める人に教えたい知恵

課長?ヤング?どの順番ならわかりやすい?

「どこから読めばいいか?」は難しい問題です(写真:さわだ ゆたか / PIXTA)

テレビ朝日の人気番組「アメトーーク!」で、2回目の「島耕作芸人」が1月25日に放送されました。

ここでは「永遠にモテ続ける中高年理想の男」島耕作シリーズについての情報をまとめ、シリーズのどこから読めば良いか、参考になる情報をお届けしたいと思います。

結局、島耕作シリーズはどれだけあるの?

シリーズ最初の『課長島耕作』をはじめ『ヤング島耕作』から現在連載中の『会長島耕作』まで、多くの本編・スピンオフがありますが「島耕作をどこから読めばよいか?」という問いは、ある意味スターウォーズやJoJoシリーズにおける論争と同じくらい難しい問題と言えそうです。

まず、現在発刊している主要な島耕作シリーズを、単行本発刊の順番で一覧化してみました。

【表1】現在発刊している主要な島耕作シリーズ(表:マンガ新聞より)

壮観です。

当記事は、マンガ新聞の提供記事です

表に入れたものだけを合計すると、主要なスピンオフを含めて、2018/1/25時点で全78巻ありました。

この珠玉のシリーズについて、それぞれ触れることも考えたのですが、調べるうちに講談社さんの恐ろしい取組を発見しました。

いきなり結論めいたことになりますが、迷ったら、いや迷う前に『島耕作だヨ!全員集合 33話分試し読みパック』を読めば良いのです。

次ページ講談社のWebサイトでも
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 地方創生のリアル
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT