消費増税、次の焦点は経済対策5兆円の中味

首相「2015年の10%への引き上げは、改めて判断」

さらに、法律では2015年10月から消費税率を10%に引き上げる予定になっている。しかし、10%への引き上げについて、安倍首相は「改めて経済事情を総合的に判断して、適切に決断していきたい」と述べるにとどまった。8%への増税をきっかけに景気が低迷すれば、10%への引き上げが先送りされる可能性が残っている。2020年度に基礎的財政収支を黒字化するには消費税率10%だけでは足りず、追加の消費増税が必要だとみられている。

安倍首相は記者会見で「経済の再生と財政健全化、この2つを同時に達成するほかに、私たちに道はない」と述べたが、その道のりにはさまざまな障害が待ちかまえていそうだ。
 

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 地方創生のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT