金融庁、コインチェックへの行政処分を検討

改正資金決済法にもとづく行政処分

 1月28日、金融庁が仮想通貨取引所大手コインチェックに対し、改正資金決済法にもとづく行政処分を検討していることがわかった。写真は金融庁が入るビル。都内で2014年8月撮影(2018年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 28日 ロイター] - 金融庁が、仮想通貨取引所大手コインチェックに対し、改正資金決済法にもとづく行政処分を検討していることがわかった。関係筋が28日、明らかにした。

金融庁は、コインチェックで仮想通貨NEM約580億円が外部からの不正アクセスで流出したことを問題視しており、28日に同社から報告を受ける予定。

コインチェックは、26日に約580億円相当が流出したと公表。同時にネットから隔離した「コールドウォレット」でNEMを保管せず、常時ネットワークに接続された「ホットウォレット」で管理していたことも明らかにしていた。

識者からは、同社のセキュリティの甘さが指摘されており、その点が焦点の1つになりそうだ。

金融庁は仮想通貨取引所の登録制を2017年4月に導入。コインチェックは、導入前から仮想通貨の交換業を行なっていたため、「みなし業者」として営業を継続してきた。

仮に同社が行政処分を受ける場合、登録はされていないものの、みなし業者として処罰されることになる。

(和田崇彦 編集:田巻一彦)

人気記事
トピックボードAD
  • 鳥海高太朗のエアポート一刀両断
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 会社を変える人材開発の極意
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
シャープ製パネルで相次ぐ<br>火災事故の深層

19件中10件がシャープ製。消費者庁のデータに登録されている、太陽電池パネルに関連した火災事故の数だ。「原因が特定できない」とし、製品リコールに否定的なシャープ。対策が急務。