西武Sトレイン、ダイヤ改正で「不人気」脱却か

運行本数やスピードは改善されるが…

昨年春から運行開始した西武「Sトレイン」(撮影:尾形文繁)

平日は西武池袋線の所沢と東京メトロ有楽町線の豊洲を結び、土曜・休日は池袋線・東京メトロ副都心線・東急東横線・みなとみらい線を直通して秩父と横浜方面を結ぶ全席指定のSトレイン(S-TRAIN)が昨年3月25日に運転を開始したが、平日は朝の上り1本を除いて、利用状況が芳しくない。そうしたなか、同社は1月25日に今年3月10日からのダイヤ改正を発表した。Sトレインの運行は改善されるのか。

【2月6日12時40分追記】記事初出時、「今年3月25日からのダイヤ改正」と記していましたが、「3月10日からのダイヤ改正」の誤りでしたので訂正しました。

そこで、現状では不人気と言わざるを得ないSトレインの平日新ダイヤにおける利便性等について考えてみたい。なお、土休日の運行についてはダイヤ改正で変化がなく、また、2017年11月17日付本オンライン記事(西武S-TRAINは「観光列車」として使えるか 横浜―秩父2時間の旅、乗ってわかった問題点)でも触れられているので、ここでは扱わない。

座席指定料金は510円

Sトレインの最大の特徴は、有料だが必ず座れるということだ。西武で有料の座席指定列車と言えば、特急レッドアローが知られているが、この車両(10000系)を使わず、40000系と名付けられたロングシート・クロスシート転換型の新型車両で運行を開始した。

この車両は普通の電車として使用する際はロングシートだが、Sトレインとして使用するときは回転して2人掛けシート(クロスシート)となり、進行方向を向く仕組みだ(車両端の3人掛けシートは固定)。新車両を使う理由は10000系が他社線の走行に対応していないことと、特急専用車両だと過密ダイヤでは送り込み時に支障が出るためだ。

有料座席定員制列車として使用する場合は、クロスシートに転換する(撮影:尾形文繁)

また、ロングシートとクロスシートの併用にすることで、効率よく車両を使うことができる。東武東上線でも特急専用車両ではなく、このタイプの新造車両50090系を使用した有料座席定員制電車「TJライナー」が平日夜の下りを中心に走っている。京王電鉄でも同様な機能を持った新型車両5000系を導入して、この春から有料座席指定列車として運行開始予定だ。

Sトレインの運行スケジュールは、まだ投入編成数が少ないために平日の場合、所沢から豊洲方面は4本、豊洲から所沢方面は3本だけだ。停車駅は所沢、保谷、石神井公園、飯田橋、有楽町、豊洲で、東京メトロ内だけおよび西武池袋線内だけは利用できず、座席指定料金は510円の均一料金となっている。巨大ターミナル駅である池袋に止まらず通過し、また、池袋線の急行停車駅であるひばりヶ丘にも止まらず、ひとつ池袋寄りの保谷に止まることも話題となった。

次ページ利用状況はどうなっている?
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 財新
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。