北朝鮮が五輪開幕前日に軍事式典との情報

朝鮮人民軍の70周年記念式典を開催か?

 1月19日、北朝鮮が来月の平昌冬季五輪の開幕前日に軍事パレードを開催する準備をしている可能性がある。昨年4月の軍事パレードの様子、平壌で撮影(2018年 ロイター/Damir Sagolj)

[ソウル 19日 ロイター] - 北朝鮮が来月の平昌冬季五輪の開幕前日に軍事パレードを開催する準備をしている可能性がある。外交筋やアナリストが述べた。平壌に滞在している西側の外交官は、一部の国の防衛当局者が2月8日に朝鮮人民軍の70周年記念式典を開催する旨の招待状を受け取っていると明かした。

また北朝鮮情報専門サイト「NK Pro」のアナリスト、スコット・ラフォイ氏は、直近の商業衛星画像に美林飛行場で行進している朝鮮人民軍が映っていると述べた。

ラフォイ氏によれば、軍事パレードには歩兵隊などによる28の軍隊や軍楽隊、軍用車両などが参加する可能性がある。美林飛行場は通常、パレードの前にのみ活動的になるという。

さらに、今回のパレードの規模は昨年のものよりも小さくなるもようで、衛星画像ではミサイルを運ぶような大型車両はみられないとした。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 就職四季報プラスワン
  • 人生100年時代を生き抜く働き方
  • トランプ派メディアの実態
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
沸騰! 再開発バトル<br>「不動産好況」はいつまで続く

東京をはじめ、地方都市でも活況が続く都市再開発。人口減少時代に過剰感はないのか。ベンチャーの聖地を争う東急・三井両不動産、再開発で「浮かんだ街・沈んだ街」、制度を巧みに使う地上げ最新手法など、多方面から街の表と裏の顔を探る。