三江線廃止後の標的?「木次線」の生き残り策

ワイン列車不調にめげず女子旅列車で大逆転

しかし、今回は地域と木次鉄道部の丁寧で粘り強い交渉の成果で、日本初となるカーペット敷きカフェトレインが実現した。

観光プログラムは扇子の文字入れ体験だった(筆者撮影)

ワイントレインの頃の木次鉄道部は頑な印象だったけれど、今回は木次鉄道部長も同行し、女性社員も手伝っていた。ロングシートのソファに鎮座し、参加者にかわいがられていた大きなぬいぐるみは、なんと、木次鉄道部長宅の私物だったそうだ。

第4の理由は、「JR西日本では、こんなにおもしろい企画列車を作れる」という事例ができたこと。木次鉄道部長は「団体貸し切り扱いだし、内部がどうであろうと、安全に利用していただけるなら問題ない」という。これは木次線沿線以外の自治体も、路線活性化の参考となる事例となった。

観光列車は地域活性化の手段

初心に立ち戻り、木次線の観光列車が走る理由は何だったか。観光列車で儲けよう。地域を活性化しよう、ではない。本来の目的は、木次線を廃線の危機にさらさないため。つまり、観光列車は目的ではなく、木次線存続、活性化の手段だ。そのシンボルとして観光列車を作り、地域の関心を高めていく。

その意味で「癒やしの汽車旅 木次線 おくいずも女子旅列車」は成功だった。ワイントレインにくじけず、次の手を打った雲南市と奥出雲町も粋だ。

取材の帰り、ある職員が私に言った。

「また何かやりますから、来てくださいね」

次の知らせが楽しみで仕方ない。2018年も、引き続き木次線、そしてローカル線と関わる地域の取り組みに注目していきたい。

鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT