「日韓合意では慰安婦問題を解決できない」

韓国大統領が「重大な欠陥がある」と指摘

 12月28日、韓国の文在寅大統領(写真)は、従軍慰安婦問題を巡る2015年の日韓合意に関する検証結果が発表されたことを受け、日韓合意には重大な欠陥があり、問題解決のための策が必要だとの認識を示した。写真は14日北京での代表撮影(2017年/ロイター)

[ソウル 28日 ロイター] - 韓国の文在寅大統領は28日、従軍慰安婦問題を巡る2015年の日韓合意に関する検証結果が発表されたことを受け、日韓合意には重大な欠陥があり、問題解決のための策が必要だとの認識を示した。大統領府が明らかにした。

韓国は27日、2015年の日韓合意の検証結果を発表し、被害者の要求に応えていないと指摘した。

大統領は「日韓合意で慰安婦問題は解決できない」と表明。「被害者や国民を排除した政治的な合意だ」と説明し、歴史問題の解決に関する国際社会の一般原則に違反していると指摘した。

一方、日本との外交関係を正常化し、未来に向けた協力を行っていくと表明した。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
会計新基準<br>「売上高」が変わる

売上高が6割減にもかかわらず、営業利益は増えた企業も現れた。会計の新基準を適用した結果だ。全産業にかかわる過去最大の基準変更が今年から徐々に広がっていく。