「日韓合意では慰安婦問題を解決できない」

韓国大統領が「重大な欠陥がある」と指摘

 12月28日、韓国の文在寅大統領(写真)は、従軍慰安婦問題を巡る2015年の日韓合意に関する検証結果が発表されたことを受け、日韓合意には重大な欠陥があり、問題解決のための策が必要だとの認識を示した。写真は14日北京での代表撮影(2017年/ロイター)

[ソウル 28日 ロイター] - 韓国の文在寅大統領は28日、従軍慰安婦問題を巡る2015年の日韓合意に関する検証結果が発表されたことを受け、日韓合意には重大な欠陥があり、問題解決のための策が必要だとの認識を示した。大統領府が明らかにした。

韓国は27日、2015年の日韓合意の検証結果を発表し、被害者の要求に応えていないと指摘した。

大統領は「日韓合意で慰安婦問題は解決できない」と表明。「被害者や国民を排除した政治的な合意だ」と説明し、歴史問題の解決に関する国際社会の一般原則に違反していると指摘した。

一方、日本との外交関係を正常化し、未来に向けた協力を行っていくと表明した。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT