日経平均小幅続伸、終値で年初来高値 

東証1部の出来高は6年ぶりの低水準に

 12月25日、東京株式市場で日経平均は小幅に続伸し、今月11日に付けた終値ベースの年初来高値を更新した。朝方は小口の利益確定売りが先行したが、後場にプラスに転じた。写真は2016年11月に都内の株価ボードの前で撮影(2017年 ロイター/Issei Kato)

[東京 25日 ロイター] - 東京株式市場で日経平均は小幅に続伸し、今月11日に付けた終値ベースの年初来高値を更新した。朝方は小口の利益確定売りが先行したが、後場にプラスに転じた。日銀によるETF(上場投信)買いの期待が支えとなった。クリスマスで海外投資家の多くが休暇入りしたとみられる中、薄商いとなり、東証1部の売買代金は今年最少。出来高は2011年12月30日以来、約6年ぶりの低水準となった。

TOPIXは小幅に4日続伸。終値は連日の年初来高値となった。東証1部売買代金は15年12月28日以来、約2年ぶりの低水準だった。

日経平均の日中値幅(高値と安値の差)は約79円と、膠着感が強い相場だった。国内外に手掛かり材料が乏しいうえ、市場参加者も限られた。「大型株が総じて小高く、指数はしっかりの印象。ただ上に行くにはもう少し市場のエネルギーが欲しい」(ちばぎんアセットマネジメント調査部長の奥村義弘氏)との声が聞かれた。

セクター別では金属製品が堅調。化学工業は後場一段高となり、取引時間中の過去最高値を更新した。石油関連や繊維、精密機器もしっかり。一方、海運が下落率トップ。証券、銀行など金融セクターの一角も売りが優勢だった。

個別銘柄ではニトリホールディングス<9843.T>が大幅安。同社が22日発表した2017年3―11月期の連結営業利益は前年同期比0.3%増の704億円だった。店舗販売や通販事業が好調で売上高は伸びたが、積極的な新規出店による人件費増加や既存店の改装費用などが利益を圧迫した。利益の伸びが低調だったことを嫌気した売りが出た。

半面、ジーンズメイト<7448.T>が一時27%近く上昇。22日に発表した12月度の既存店売上高は前年比13.2%増となった。既存店客単価は同13.1%増。既存店客数は2カ月ぶりに増加しており、直近の業況を好感した買いが入った。

東証1部の騰落数は、値上がり889銘柄に対し、値下がりが1073銘柄、変わらずが102銘柄だった。

日経平均<.N225>

終値      22939.18 +36.42

寄り付き    22909.41

安値/高値   22870.19─22948.83

 

TOPIX<.TOPX>

終値       1831.93 +2.85

寄り付き     1830.79

安値/高値    1826.61─1832.3

 

東証出来高(万株) 105644

東証売買代金(億円) 15458.21

人気記事
トピックボードAD
  • 北朝鮮ニュース
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
シャープ製パネルで相次ぐ<br>火災事故の深層

19件中10件がシャープ製。消費者庁のデータに登録されている、太陽電池パネルに関連した火災事故の数だ。「原因が特定できない」とし、製品リコールに否定的なシャープ。対策が急務。