米アルファベット、シュミット会長が退任へ

技術アドバイザーに就任すると発表

12月21日 米グーグルの持ち株会社アルファベットは、エリック・シュミット会長(写真)が来年1月に開催される取締役会後に退任し、技術アドバイザーに就任すると発表した。米カリフォルニア州で2017年5月撮影(2017年 ロイター/Mike Blake)

[21日 ロイター] - 米グーグルの持ち株会社アルファベット<GOOGL.O>は21日、エリック・シュミット会長が来年1月に開催される取締役会後に退任し、技術アドバイザーに就任すると発表した。

シュミット氏は引き続き取締役は務める。同氏は声明で「アルファベットが発展する中で適切なタイミングだ。当社の組織はうまく機能しており、グーグルやその他の事業も強化が進んでいる」と説明した。

同氏は2001年、グーグルの共同創業者であるラリー・ペイジ、セルゲイ・ブリン両氏によって同社に招き入れられた。11年まで最高経営責任者(CEO)を務め、カリフォルニア州のインターネット検索の新興企業を世界企業に押し上げる上で主導的役割を果たした。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 本当は怖い住宅購入
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 日本人が知らない古典の読み方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
おうちで稼ぐ、投資する!<br>在宅仕事図鑑

コロナ禍の下、世代を問わず広がったのが「在宅で稼ぐ」ニーズ。ちまたにはどんな在宅仕事があり、どれくらい稼げるのか。パソコンを使った「デジタル小商い」と「投資」に分け、誰にでもできるノウハウに落とし込んで紹介します。

東洋経済education×ICT