米アルファベット、シュミット会長が退任へ

技術アドバイザーに就任すると発表

12月21日 米グーグルの持ち株会社アルファベットは、エリック・シュミット会長(写真)が来年1月に開催される取締役会後に退任し、技術アドバイザーに就任すると発表した。米カリフォルニア州で2017年5月撮影(2017年 ロイター/Mike Blake)

[21日 ロイター] - 米グーグルの持ち株会社アルファベット<GOOGL.O>は21日、エリック・シュミット会長が来年1月に開催される取締役会後に退任し、技術アドバイザーに就任すると発表した。

シュミット氏は引き続き取締役は務める。同氏は声明で「アルファベットが発展する中で適切なタイミングだ。当社の組織はうまく機能しており、グーグルやその他の事業も強化が進んでいる」と説明した。

同氏は2001年、グーグルの共同創業者であるラリー・ペイジ、セルゲイ・ブリン両氏によって同社に招き入れられた。11年まで最高経営責任者(CEO)を務め、カリフォルニア州のインターネット検索の新興企業を世界企業に押し上げる上で主導的役割を果たした。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 令和の新教養
  • コロナショックの大波紋
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
テレワーク総点検<br>コロナで広がる働き方格差

緊急事態宣言下で当たり前になった「テレワーク」。業種や職種によって実現度合いに大差がつき、この数週間で働き方の格差が広がったといえるでしょう。在宅勤務の課題を総点検し、コロナ後の働き方を考察しました。