シンガポール当局、仮想通貨への投資に警告 

「急騰は投機によるもの、すべてを失う危険」

 12月19日、シンガポール金融管理局(MAS、中央銀行)は、仮想通貨への投資に対して警告した。写真は8日撮影(2017年 ロイター/Benoit Tessier)

[シンガポール 19日 ロイター] - シンガポール金融管理局(MAS、中央銀行)は19日、仮想通貨への投資に対して警告した。

MASは「最近の価格急騰を受けて、ビットコインなどの仮想通貨への投資に魅力を感じる国民がいることを懸念している」と表明。「現在の価格上昇は投機的取引によるものだ」とし、「価格急落のリスクは高い。仮想通貨の投資家は、資金をすべて失う恐れがあることを認識すべきだ」と警鐘を鳴らした。

MASはさらに、仮想通貨への投資には規制によるセーフガードがないことも指摘。国民に対し「極めて慎重に」行動し、仮想通貨投資の「大きなリスク」を理解するよう呼び掛けた。

MASは「仮想通貨の取引プラットフォームは大半がシンガポールになく、その信頼性を確認することは難しい。素性や業務を容易に確認できない主体との取引では、詐欺のリスクが高まる」とみている。

シンガポールは初期段階からフィンテックを採用しているが、仮想通貨の取引においては中心的な役割を果たしていない。

人気記事
トピックボードAD
  • 北朝鮮ニュース
  • 礒部公一のプロ野球徹底解説!
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SONY静かなる再興<br>自動車ビジネスに本腰

「人命にかかわる事業はやらない」という不文律を破り、車載製品に本格参入するソニー。今後3年で1兆円を投資する主軸、得意の画像センサーを自動運転システムに展開する。最高益のその先を支えるカネのなる木となるか、禁断の果実か。