FRBの自信喪失、変心にご用心

金利上昇の影響はおそらく限定的

最後に、筆者の仮説が間違いで、FOMCが懸念するように金利上昇の影響が住宅部門や他のセクターに広がる場合、何が起きるだろう。FOMCは、自らの政策が引き起こす長期金利の一段の上昇を恐れ、出口を見失うだろう。米国の金融緩和は終わりなきパーティになりかねない。

出口に踏み出し損ねれば、真のバブルが始まる

果たしてこれが世界経済、とりわけ新興国経済にとってプラスに寄与するのかどうかは怪しい。株価や為替相場からは、据え置きを決めた9月FOMCを受けて新興国市場に再び資金が流れ込む様子がうかがえる。しかし経常赤字問題や不動産バブルなど、一部の新興国では経済のファンダメンタルズに問題があるという事実は変わっていない。

筆者には、FOMCが出口に踏み出し損ねることこそが、真のバブルの起点に思えてならない。バーナンキ議長は、5月以降の長期金利の上昇によってリスクのあるポジションが解消されたと説明しているが、ガスが抜けたように思われるときこそが危ういのではないか。今回のFOMCを後に振り返り、「Regret, I have many」などと言わないで済むことを祈るばかりだ。 (撮影:ロバート・スペンサー)

(筆者注)
「Regret, I have many」:バーナンキ議長が記者会見でフランク・シナトラの「My way」の歌詞をもじって言った言葉「Well, on regrets, as Frank Sinatra says, I have many」からの引用。本来の歌詞は「Regrets, I've had a few」(後悔も少しある)というものだが、バーナンキ議長は金融危機から5周年を迎えたことについて尋ねられ、上述のように「後悔ばかりだ」と答えた。
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT