「お見合いですぐ肉体関係」はなぜダメなのか

結婚相談所は「詐欺師」にとって絶好の狩場だ

「断ったら、メールのレスが急にそっけなくなったんです。いつもラブラブモード全開って感じだったのに、『明日は予定どおり会いますか?』ってよそよそしい言葉遣いのメールが来て」

それでも翌日、予定変更はせず会うことにした。すると、待ち合わせの場所に現れた高村は、今までどおりの愛想よい彼だったのだが、なんと財布を持っていなかったという。

「今日は、大変だったよ。財布を家に忘れてきちゃってさ。だから昼飯も食べてないんだ」

「えっ!? じゃあ、ここまでどうやって来たの?」

「Suicaがあるから、電車には乗れた。それで会社にも行けたから、財布がカバンに入っていなかったのに気づかなかった。ああ、腹減った~」

高村が、「ガッツリ食事がしたい」と言うので、2人でステーキハウスに行ったという。

「結局その日の夕食代とホテル代は私が出しました」

「ええええ~、ホテルも行ったのぉ? ホテル代も出してあげたわけ?」

「だって、行きたいというから。で、帰ってきて、よくよく考えたら、保険に入ることを私が断った。だから、腹いせにわざと財布を忘れてきて、食事代、ホテル代を私に出させて、それで関係を終わりにしようとしているのではないかと思ったんですよね」

払う京香もどうかと思うが、自分が無一文なのにステーキをお腹いっぱい食べ、その後ホテルにまで行きたがる男というのは、いかがなものか!

もし京香の言うとおり、これで「交際終了」が来たら、デート代の半額は私がしっかり請求して取り返そう。冗談じゃない。

「払ったおカネのレシートは取ってある?」

「はい、お財布の中に入っていると思います」

「なくさないでね。それで、京香さんはどのくらいの確率で、彼を結婚詐欺師だと思うの?」

「99パーセント。もしこれを悪気なくやっていたとしたら、残り1パーセントは天然のバカですね」

「まずは、彼がどう出てくるか、2~3日、様子を見ましょう」

「どうしたの? なんでメールをくれないの?」

その夜から京香は、高村から来るメールにいっさい返信をしなくなった。翌日も朝、昼、夕方に来たメールを既読スルー。彼女の変化に高村は、慌てた。

「京ちゃん、どうしたの? なんでメールを返信してこないの?」

「僕が京ちゃんの何か気にさわることをした?」

「もしかして僕のことを嫌いになった?」

「このまま終わるのは嫌だから、とにかく会って一度話そうよ」

次ページ気持ちのケジメをつけてきます
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT