「高給子なし夫婦」ほど老後資金計画が必要だ

45歳から3600万円で生活水準は維持できる

DINKsに向けた老後資金計画の情報は、まだ十分ではありません(写真:kou / PIXTA)

DINKs、つまり「共働きで子どもがいない夫婦」は増加の一途をたどっています。しかし、彼ら向けにマネープランをアドバイスしている書籍や情報はあまりありません。DINKsがまだ多数派ではないことや、経済的に余裕がある世帯が多いことがその理由なのでしょう。

世帯年収1000万円はザラ

夫婦ともに正社員として働いている場合、世帯年収の合計は額面で1000万円を超えることは珍しくありません。どちらかが大企業にいたり順調に昇格昇給を重ねると、世帯年収が1200万~1400万円に達することもあるでしょう。

さらに、子育てに要する出費がないため、子ども1人当たり2000万円以上ともいわれる支出が生じません。よって、飲食費等の日々の生活水準の向上や、被服費の予算、ぜいたくな余暇予算(ゴージャスな旅行など)、高めの不動産所有などに資産を振り向けられます。

子どもがいない理由は家庭ごとにさまざまですが、その結果について納得が得られている場合、夫婦関係も良好であることが多いようで、仲良し夫婦がリッチな生活をエンジョイしている姿はしばしばみられます。

ところが、ここには落とし穴があります。あまりよそでは書かれていないDINKsのマネープランをまとめてみたいと思います。

次ページ「生活水準の高さ」が命取りに
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 地方創生のリアル
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT