「高給子なし夫婦」ほど老後資金計画が必要だ

45歳から3600万円で生活水準は維持できる

DINKsに向けた老後資金計画の情報は、まだ十分ではありません(写真:kou / PIXTA)

DINKs、つまり「共働きで子どもがいない夫婦」は増加の一途をたどっています。しかし、彼ら向けにマネープランをアドバイスしている書籍や情報はあまりありません。DINKsがまだ多数派ではないことや、経済的に余裕がある世帯が多いことがその理由なのでしょう。

世帯年収1000万円はザラ

夫婦ともに正社員として働いている場合、世帯年収の合計は額面で1000万円を超えることは珍しくありません。どちらかが大企業にいたり順調に昇格昇給を重ねると、世帯年収が1200万~1400万円に達することもあるでしょう。

さらに、子育てに要する出費がないため、子ども1人当たり2000万円以上ともいわれる支出が生じません。よって、飲食費等の日々の生活水準の向上や、被服費の予算、ぜいたくな余暇予算(ゴージャスな旅行など)、高めの不動産所有などに資産を振り向けられます。

子どもがいない理由は家庭ごとにさまざまですが、その結果について納得が得られている場合、夫婦関係も良好であることが多いようで、仲良し夫婦がリッチな生活をエンジョイしている姿はしばしばみられます。

ところが、ここには落とし穴があります。あまりよそでは書かれていないDINKsのマネープランをまとめてみたいと思います。

次ページ「生活水準の高さ」が命取りに
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 性暴力サバイバーの明日
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
6800億円の巨額減損<br>みずほに不足する「稼ぐ力」

みずほFGが巨額損失の計上による業績下方修正を発表した。損失の大半がリテール部門にひもづく新システムの減損で、「リテール不振」が際立ったともいえる。坂井社長の言う「前向きな減損」も、稼ぐ力あってこそ。効率化、稼ぎ頭の構築と道は険しい。