前場の日経平均は208円安、海外勢の売り優勢

外部環境の悪化嫌気、東証33業種すべて下落

 11月15日、前場の東京株式市場で日経平均株価は前営業日比208円93銭安の2万2171円08銭となり、大幅に6日続落した。写真は都内で2014年4月撮影(2017年 ロイター/Issei Kato)

[東京 15日 ロイター] - 前場の東京株式市場で日経平均株価は前営業日比208円93銭安の2万2171円08銭となり、大幅に6日続落した。前日の米国株が下落、為替は円高方向に振れるなど外部環境の悪化を嫌気し、幅広く売りが先行した。寄り付き前に発表された7─9月期実質国内総生産(GDP)は年率換算で7四半期連続のプラス成長となったが、内需の減速を懸念する見方もあり、株価の押し上げ材料にはならなかった。押し目買いで下げ渋る場面はあったものの、海外勢の売りが優勢で前場後半は再び下げ幅を広げた。

TOPIXは1.40%安で午前の取引を終了。東証1部の午前の売買代金は1兆6371億円だった。セクター別では東証33業種がすべて下落。鉱業、鉄鋼、石油・石炭製品、海運などの下げが目立った。市場では「ヘッジファンドなどによる利益確定売りが継続しているが、主力株には売り一巡感も出てきた。日経平均の予想EPS(1株利益)が上昇基調にあるなかで、ここから大きくは売り崩しにくい」(むさし証券ストラテジストの中島肇氏)との声が出ていた。

東証1部の騰落数は、値上がり196銘柄に対し、値下がりが1799銘柄、変わらずが39銘柄だった。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小売り、外食…<br>値決めの勝者と敗者

値下げをすれば客が来る、値上げをすれば客が減るという常識が通用しない。「65円靴下」などの激安セールでも客離れに泣くしまむら。一方で、壱番屋やリンガーハットは値上げをしても客足は遠のかない。勝敗の分岐点はどこにあるのか。