清宮幸太郎の「恋愛禁止令」は法的にアリか

日ハムの「大谷ルール」は憲法に違反しない?

札幌ドーム

プロ野球・北海道日本ハムファイターズの栗山英樹監督が、ドラフト1位指名した清宮幸太郎内野手(18=早実)に対し、「20歳までの恋愛禁止」を命じる意向を示している。誘惑に気をとられることなく、野球に打ち込むことを期待してとのことだという。

複数のスポーツ紙によると、栗山監督は、清宮選手にも大谷翔平投手のために作った、外出許可制度「大谷ルール」を課す方針。さらに、「20歳までは野球に集中して欲しい」(日刊スポーツ・11月6日)と「恋愛禁止令」も出すつもりだという。

監督が選手を成長させたいと思うことは当然だ。しかし、アイドルですら問題視されることがある恋愛禁止。プロ野球選手の恋愛にまで制限をかけることは、許されるのだろうか。村上英樹弁護士に聞いた。

栗山監督の「愛ある教育的指導」か「契約」か?

当記事は弁護士ドットコムニュース(運営:弁護士ドットコム)の提供記事です

――清宮選手への恋愛禁止令は問題ない?

まず、栗山監督の恋愛禁止令の「位置づけ」が何かを考える必要があります。

――「位置づけ」というと?

恋愛禁止令が、監督から選手に対する「指導」なのか、それとも、球団と選手との間の「契約」なのか、です。

――「指導」と「契約」とでどう違う?

単なる「指導」であるならば、恋愛禁止令に反しただけで、選手が「クビ」になったり、金銭的なペナルティを受けたりはしません。

しかし、恋愛禁止が「契約」の内容ならば、恋愛をすることは契約違反になり、場合によって「クビ」(契約更新されない)になったり、金銭的なペナルティを受けたりする可能性が出てきます。

次ページ参考になる裁判例は、アイドルの前例
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
  • 今日も香港から
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。