9月の実質賃金前年比0.1%減、4カ月連続減少

名目賃金は26.7万円、0.9%の上昇に

 11月7日、厚生労働省が発表した9月の毎月勤労統計調査(速報)では、名目賃金に当たる現金給与総額が前年比0.9%増の26万7427円と、2カ月連続で増加した。2013年2月撮影(2017年 ロイター/Shohei Miyano)

[東京 7日 ロイター] - 厚生労働省が7日発表した9月の毎月勤労統計調査(速報)では、名目賃金に当たる現金給与総額が前年比0.9%増の26万7427円と、2カ月連続で増加した。実質賃金は0.1%減と4カ月連続で減少したが、厚労省は「賃金は基調として緩やかに増加している」としている。

給与総額のうち、所定内給与は前年比0.7%増の24万2143円と6カ月連続で増加した。所定外給与は同0.9%増の1万8913円と、3カ月連続で増加した。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • コロナショックの大波紋
  • おとなたちには、わからない
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
老舗「レナウン」が経営破綻<br>アパレル淘汰・再編の序章

名門アパレルのレナウンが民事再生の手続きに入りました。親会社「山東如意」が再建に見切りをつけ、新たなスポンサー探しは難航が予想されます。ほかのアパレルも店舗閉鎖や売り場撤退が予定され、百貨店に多大な影響が出そうです。