売れているビジネス・経済書200冊ランキング

ナイキ創業者自伝「SHOE DOG」が1位!

ナイキ創業者自伝『SHOE DOG』が1位に(画像:ManabuAsakawa / PIXTA)

アマゾンの協力のもと、毎週配信している週間(日曜日から土曜日まで)アマゾン「ビジネス・経済書」ランキング。本日お届けするのは、10月29日~11月4日のランキングだ。なお「前週順位」については前週に発売されて初登場する書籍には「NEW」と記載、前週順位が1000位以下の場合には「-」と記載している。

今週のランキングでは、ナイキ創業者、フィル・ナイトの自伝『SHOE DOG(シュードッグ)』(東洋経済新報社)が1位に輝いた。東洋経済オンラインの記事のほか、10月30日の日本経済新聞広告が注目を集めた模様だ。

2位には、先週208位から一気に上がった『アフター・ビットコイン: 仮想通貨とブロックチェーンの次なる覇者』(中島真志著、新潮社)がランクインした。リリースと共に注目が集まった形で、今後の動向に注目の一冊と言える。

次ページ以降、200位までのランキングを掲載する。「ビジネス・経済書」のトレンドをつかむとともに、ご自身の勉強の参考にしてほしい。

次ページまずは1位~50位!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 「コミュ力」は鍛えられる!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
企業の成長に最も大切なものは<br>新浪剛史氏インタビュー

社員を追い詰めながら業績をひねり出すのではなく、「まずは理念の共有」が新浪流。ローソンから移って5年目、サントリーホールディングスの舵を取る辣腕経営者が、米ビーム社統合でも貫かれた「社員を大事にする経営」の神髄を語る。