『一度は転職で懲りましたが・・・』(37歳・男性)

城繁幸の非エリートキャリア相談

<城繁幸氏の診断> 

診断:『最初の失敗は、例外的なケース』

 一般的に、中途採用で正社員として採用するのは、終身雇用を前提とした幹部候補だけであり、使い捨てにするつもりで採用するというのは、普通は考えられません。この売り手市場に、高い広告費や紹介料を払いつつ、わざわざそんなことをするメリットなどないでしょう。

 よっぽど“オンリーワン”な特殊技能を持った人であれば、ノウハウを吸収する目的だけでオファーを出すこともあるかもしれませんが…普通、そういった人材なら、なおのこと将来にわたって囲い込もうとするはずです。

 実際、“生え抜き”という言葉自体、既に転職市場では死語になりつつあります。

 そういう観点から、最初の転職について分析してみました。

1.社風が終身雇用ベースの非常に古いものであり、“生え抜き”という価値観をいまだ保ってしまっていた。

2.社風の古さにくわえ、社内派閥(前部長派、現部長派など)の確執も存在したと思われる。


 おそらく、こういったいくつかの要因が重なった結果でしょう。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 逆境からの人々
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT