ソニー、レンズ型カメラを日本で投入

スマホ市場での存在感をアピール

9月12日、ソニーは、スマートフォン(スマホ)に装着するレンズ型カメラ2機種を国内で10月25日に発売すると発表した。スマホに押されて減少傾向にあるコンパクトデジタルカメラ販売の活性化を図っていく。ベルリンで4日撮影(2013年 ロイター/Fabrizio Bensch)

[東京 12日 ロイター] - ソニー<6758.T>は12日、スマートフォン(スマホ)に装着するレンズ型カメラ2機種を国内で10月25日に発売すると発表した。欧州で9月16日から、米国でも近く発売を予定。スマホに押されて減少傾向にあるコンパクトデジタルカメラ販売の活性化を図っていく。

レンズ型カメラは、ドイツで開催した家電見本市「IFA」で発表した。有効2020万画素・光学10倍ズームで高画質タイプの「DSC―QX100」は5万5000円、有効1820万画素・光学50倍ズームで高倍率の「DSC―QX10」は2万5000円を想定。

スマホをボディ部分に見立てて、光学ズームレンズカメラのような形態で撮影できる。スマホユーザーに対し、スマホではできない高画質・高倍率の撮影ニーズに応えるねらいで開発した。

ソニーの「エクスペリア」だけでなく、サムスン電子<005930.KS>の「ギャラクシー」やアップルの「iPhone」にも装着が可能。商品企画を担当したデジタルイメージング事業本部の玉川準一朗氏は「レンズ型カメラがねらう市場はスマホユーザー」と述べて、スマホ拡大の勢いを取り込んでいく構えを示した。

サムスン電子の「ギャラクシーズーム」など、光学ズームレンズを搭載したスマホについては「レンズスタイルカメラは自分のスマホで使える機器なので、競合するとは考えていない」(玉川氏)という。

ソニーの今期のデジカメの販売台数は1250万台(前年同期は1700万台)。年末商戦にレンズ型カメラを投入し、スマホ市場での存在感をアピールする構え。

(ロイターニュース 村井令二)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT