タイタニック号からの手紙、1900万円で落札

1500人が犠牲の船中、乗客から母宛ての書簡

 10月21日、1912年に氷山に衝突して沈没したタイタニック号の男性乗客の遺体から発見された私的な手紙が競売にかけられ、12万6000ポンド(約1892万円)で落札された。現存が知られる書簡としては最後のものの1つで、海水のしみが残っている。提供写真(2017年 ロイター/ Henry Aldridge & Son)

[ロンドン 21日 ロイター] - 氷山に衝突して沈没したタイタニック号の男性乗客の遺体から発見された私的な手紙が21日に競売にかけられ、12万6000ポンド(約1892万円)で落札された。タイタニック号からの通信としては最高価格となった。

現存が知られる書簡としては最後のものの1つで、当時の大西洋の海水のしみが残っている。

母親に宛てたこの書簡を記したのは、ファーストクラスに乗っていた米ミネソタ州出身のセールスマン。タイタニック号乗船の刻印付き便箋に、音楽や食事を賞賛するなど船内の感想を綴っている。同乗した男性の妻は生還した。

書簡は遺族が出品し、英国南部の都市ディバイザズで競売が行われた。

タイタニック号は、1912年4月14日に大西洋上で氷山に衝突して沈没。乗客1500人以上が犠牲となった。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 「コミュ力」は鍛えられる!
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』新春号を先取り!<br>波乱相場にも強い大健闘企業

企業業績の拡大に急ブレーキがかかっている。世界景気の減速や原燃料費・人件費の高騰が重荷だ。そうした逆風下での大健闘企業は? 東洋経済最新予想を基に、上方修正、最高益更新、連続増収増益など6ランキングで有望企業を一挙紹介。