タイタニック号からの手紙、1900万円で落札

1500人が犠牲の船中、乗客から母宛ての書簡

 10月21日、1912年に氷山に衝突して沈没したタイタニック号の男性乗客の遺体から発見された私的な手紙が競売にかけられ、12万6000ポンド(約1892万円)で落札された。現存が知られる書簡としては最後のものの1つで、海水のしみが残っている。提供写真(2017年 ロイター/ Henry Aldridge & Son)

[ロンドン 21日 ロイター] - 氷山に衝突して沈没したタイタニック号の男性乗客の遺体から発見された私的な手紙が21日に競売にかけられ、12万6000ポンド(約1892万円)で落札された。タイタニック号からの通信としては最高価格となった。

現存が知られる書簡としては最後のものの1つで、当時の大西洋の海水のしみが残っている。

母親に宛てたこの書簡を記したのは、ファーストクラスに乗っていた米ミネソタ州出身のセールスマン。タイタニック号乗船の刻印付き便箋に、音楽や食事を賞賛するなど船内の感想を綴っている。同乗した男性の妻は生還した。

書簡は遺族が出品し、英国南部の都市ディバイザズで競売が行われた。

タイタニック号は、1912年4月14日に大西洋上で氷山に衝突して沈没。乗客1500人以上が犠牲となった。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
危機はこれからが本番!<br>コロナ倒産 最終局面

新型コロナウイルスの感染拡大で企業業績に大打撃。資本不足の企業が続出し、大手でさえ資本増強に奔走しています。政府の支援策で倒産は小康状態でも、もはや倒産ラッシュは時間の問題に。苦境の業界をリポートし、危ない企業を見破るノウハウを伝授。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT