iPhone廉価版は、本当に安いのか?

低価格ではなく、中間価格どまり

一方、安くなればなるほどシェア争いが厳しくなるスマホ市場では、「5C」の価格設定は当然、との見方もある。

調査会社Canalysによると、中国のスマホ市場におけるアップルのシェアは、韓国サムスン電子<005930.KS>や中国勢に押され、第2・四半期には5%に低下した。

ガートナーの上海駐在アナリスト、サンディ・シェン氏は「アップルは廉価版iPhoneを発表したが、その価格は中国ではまだ低価格ではなく中間価格とみなされている」と分析する。

同氏は、中国で出荷されるスマホの約半数は700─1500元で販売されているが、アップルにとってこの価格帯で勝負することの魅力はないと指摘。「アップルの古くからのライバルであるサムスン電子のほか、華為技術(ファーウェイ)、レノボ・グループ(聯想集団)<0992.HK>、酷派(クールパッド)など中国メーカーが同カテゴリーでの携帯電話をすべて供給していることを踏まえると、こうした主要セグメントにおけるシェア競争で、アップルは今後も勝てないだろう」と述べた。

*英文の訂正により、本文4段落目の「5S」を「5C」に訂正して再送します。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT