次期カローラに観測、「3ナンバー化」の波紋

2018年秋にも刷新、新旧併売の可能性も

「カローラ」シリーズのマイナーチェンジで変わったこととは?

「カローラ」シリーズがマイナーチェンジを実施

トヨタ自動車のロングセラーカー「カローラ」シリーズが、10月11日に一部改良(マイナーチェンジ)を実施した。

セダンタイプの「アクシオ」、ステーションワゴンの「フィールダー」共に、衝突する危険性を察知した場合には自動ブレーキが作動する安全運転支援技術「トヨタセーフティセンスC」を全車標準装備化。アクセルペダル踏み間違い時の衝突被害軽減に寄与する「インテリジェントクリアランスソナー(パーキング・サポート・ブレーキ)」を新たに設定するとともに、内外装の意匠変更を行った。従来は特別仕様車だった「W×B(ダブル・バイ・ビー)」をカタロググレードとしたことなども主な変更点となる。

現行型カローラシリーズは2012年5月に登場した11代目だ。2015年3月にデザインの一新や燃費の向上とともに、安全装備の充実などの大規模な改良を加えていたが、今回もさらに商品内容を充実させた。

中国仕様のカローラセダン

一方、来年(2018年)夏あるいは初秋をメドに、アクシオも含めた国内カローラシリーズが、12代目(アクシオというペットネームがついてからは3代目)へと刷新するのではないかというスクープ情報が、自動車業界内で飛び交っている。この情報を基にすると、現行モデル登場から5年が経過し、フルモデルチェンジ(全面改良)をおよそ1年先に控えつつの、ビッグマイナーチェンジには意外感もあるが、当初予定よりも開発が延びているという話もある。

その裏側にあるのが、次期12代目で施されるのがうわさされる「激変」だ。12代目は国内カローラシリーズ初となる3ナンバーボディになるのが濃厚だというのだ。

次ページなぜ3ナンバーに?
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • コロナ後を生き抜く
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
香港問題めぐり米中激突<br>加速するデカップリング

6月30日、「香港国家安全法」が施行されました。「一国二制度」の下での高度な自治が失われたとして、西側世界と中国の対立は一気に深まっています。米中経済の分離は、サプライチェーンの見直しなど、グローバル企業にも大きな変化を迫りそうです。