18歳・地下アイドルがハマった「うつ」の隘路

悩み、苦しみ抜いた彼女が自ら明かす真実

出演することになった賞金付きのライブは、最短でも半年は勝ち続けないと優勝できないシステムでした。しかし、初めての投票制ライブで私は2位に選ばれたのです。本当はいちばん人気のある子が2位の子に抜かされないように、浮いた票が人気のなさそうな子に集中するというからくりがあったのですが……。そんなこととは露知らず、最初で最後だと思っていたことも忘れ、次回は1位になれるかもと、新しいファンを求めて私はほかのライブにも出演するようになっていきました。

そして私はしばらく、投票制のライブで自分と同じような新人の地下アイドルたちと順位を競い合うことになりました。私は運よく最初から応援してくれるファンの人たちが現れて、それから半年間を勝ち上がり続けて、優勝することができました。

そうしてイベントから卒業する頃には、ファンの人も、出演依頼をしてくれる関係者も、かわいがってくれる地下アイドルのお姉さんたちもいて、いつしか、自分でライブを主催するようにもなっていました。

集団からは弾かれる人間だと思っていた

それまで私は、中学校での経験から、集団からは弾かれる人間だと思っていたので、どこか許されたような気持ちになったのを覚えています。高校生活と同じように、地下アイドルの世界にも自分の居場所を見つけたように感じていました。

それ以降、私はどんな出演依頼でも引き受けるようになりました。自分に仕事の依頼がくるなんて、うれしくて面白かったのです。

あっという間に、平日は高校に通いながら、月に20本程度のライブに出演するようになりました。また、高校を卒業したら、大学に進学するか就職するか、いずれにせよ地下アイドルを辞めるつもりでいたので、金銭感覚が狂わないようにアルバイトも続けていました。

自分の許容量を理解できていなかった(写真:平山 訓生)

地下アイドルの活動は、出演するイベントがどんどん増えて、オリジナル曲も作って、いつの間にかすっかり、引退のメドが立たなくなっていました。

しかし、そんな生活を2年ほど続けるとだんだん、どれだけ働いても、どれだけ頑張っても、頑張っている実感が湧かなくなってきました。

周りの地下アイドルの女の子たちがもっと頑張っているように見えて焦って、私生活でも金銭感覚が狂わないようにアルバイトも辞めずにいました。

そんな中、地下アイドルの仕事が増えて、夕方に働ける日が少なくなってきたので、深夜にアルバイトを始めてしまいました。日中は学校へ通い、放課後にライブをしてから朝までアルバイトをして。外が明るくなってから課題を終わらせて、また学校に行く日々が続きます。完全に働きすぎていたのに、私は自分の許容量を理解できていなかったのです。

次ページ日増しに大きくなる違和感
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT