F1日本グランプリ、英ハミルトン選手が優勝

タイヤトラブル乗り越え通算61勝、今季8勝目

 10月8日、自動車レースF1の今季第16戦、日本グランプリ(GP)は、三重・鈴鹿サーキットで決勝を行い、総合首位のルイス・ハミルトン(32、英国、メルセデス)が優勝した。通算61勝、今季8勝目(2017年 ロイター/Toru Hanai)

[鈴鹿(日本) 8日 ロイター] - 自動車レースF1の今季第16戦、日本グランプリ(GP)は8日、三重・鈴鹿サーキットで決勝を行い、総合首位のルイス・ハミルトン(32、英国、メルセデス)が優勝した。通算61勝、今季8勝目。

通算71度目のポールポジション(PP)からスタートしたハミルトンは、快走のままフィニッシュするかと思われたが、終盤にタイヤのトラブルに見舞われ突然の失速。2番手のマックス・フェルスタッペン(オランダ、レッドブル・タグ・ホイヤー)に1.2秒差で逃げ切った。ドライバーズランキングでは2位セバスチャン・フェテル(ドイツ、フェラーリ)との差を59に伸ばした。

フェテルはリタイア

フェテルはエンジントラブルにより4周目でリタイアした。

ハミルトンが2番手に終わった1日のマレーシアGP決勝では、前日に20歳の誕生日を迎えたばかりのフェルスタッペンが優勝していた。

ハミルトンは「前回は彼に優勝を譲った、今回は私が優勝するんだという気持ちだった。レース終盤には、後ろを走るこの男は私よりもとても若い。先輩としての威厳を見せなければならないと思いながら運転していた」と話した。

3番手にダニエル・リカルド(オーストラリア、レッドブル・タグ・ホイヤー)、4番手にバルテリ・ボッタス(フィンランド、メルセデス)、5番手にキミ・ライコネン(フィンランド、フェラーリ)、6番手にエステバン・オコン(フランス、フォースインディア・メルセデス)が続いた。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ホンダ「フリード」がトヨタ「シエンタ」より売れるようになった訳
ホンダ「フリード」がトヨタ「シエンタ」より売れるようになった訳
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
15種類の「書き方」を徹底解説<br>無敵の文章術

ビジネスパーソンを中心に文章力の必要性が高まっています。在宅勤務における情報伝達手段として、メールやチャットは不可欠に。また精度の高い企画書はビジネスの成功に直結します。本特集ではシーンや目的別に、短期間でのスキル向上を目指します。

東洋経済education×ICT