F1日本グランプリ、英ハミルトン選手が優勝

タイヤトラブル乗り越え通算61勝、今季8勝目

 10月8日、自動車レースF1の今季第16戦、日本グランプリ(GP)は、三重・鈴鹿サーキットで決勝を行い、総合首位のルイス・ハミルトン(32、英国、メルセデス)が優勝した。通算61勝、今季8勝目(2017年 ロイター/Toru Hanai)

[鈴鹿(日本) 8日 ロイター] - 自動車レースF1の今季第16戦、日本グランプリ(GP)は8日、三重・鈴鹿サーキットで決勝を行い、総合首位のルイス・ハミルトン(32、英国、メルセデス)が優勝した。通算61勝、今季8勝目。

通算71度目のポールポジション(PP)からスタートしたハミルトンは、快走のままフィニッシュするかと思われたが、終盤にタイヤのトラブルに見舞われ突然の失速。2番手のマックス・フェルスタッペン(オランダ、レッドブル・タグ・ホイヤー)に1.2秒差で逃げ切った。ドライバーズランキングでは2位セバスチャン・フェテル(ドイツ、フェラーリ)との差を59に伸ばした。

フェテルはリタイア

フェテルはエンジントラブルにより4周目でリタイアした。

ハミルトンが2番手に終わった1日のマレーシアGP決勝では、前日に20歳の誕生日を迎えたばかりのフェルスタッペンが優勝していた。

ハミルトンは「前回は彼に優勝を譲った、今回は私が優勝するんだという気持ちだった。レース終盤には、後ろを走るこの男は私よりもとても若い。先輩としての威厳を見せなければならないと思いながら運転していた」と話した。

3番手にダニエル・リカルド(オーストラリア、レッドブル・タグ・ホイヤー)、4番手にバルテリ・ボッタス(フィンランド、メルセデス)、5番手にキミ・ライコネン(フィンランド、フェラーリ)、6番手にエステバン・オコン(フランス、フォースインディア・メルセデス)が続いた。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナ時代の人づくり最前線
  • あの日のジョブズは
  • 就職四季報プラスワン
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT