自分は「売れる商品」かを見極める4つの質問

競争のない分野へ自分を導け

──普通に会社勤めをする人が、そんな簡単に“新天地”など探せるものでしょうか。

たぶん、スキルを高めていくということですよ。結構チャンスはあると思うんです。強みを磨いて一段一段高めていけば、その人しか占められないポジションを得るチャンスはある。風船と同じで、自分の強みの露出面が膨らんでいくと人の目に触れる機会も増えていくので、「今度これをやってみない?」とか声をかけてくる人が増えます。

あなたの強みが本物かどうか

──そもそも自分の強みとは、才能、技術、知識の掛け算だと。

ここでいう才能は、誰もが必ず持つ性格や資質のこと。そして技術、知識は後天的な学習や経験で身に付く。自分の資質を生かせるポイントを探し、まずは今の仕事を好きになることがあなたの強みを作り、あなたの商品価値を高める近道です。与えられた仕事でも、自分なりに好きな部分を見つけそこを広げていくと、強みの種が見つかる。どうしても好きになれないなら、我慢せずに別の仕事に挑戦すればいい。損切りも大切です。

あなたの強みが本物かどうかは、その仕事が好きか、必要とする人がいるか、ほかに誰も提供できないか、その強みはまねするのが難しいか、の4項目すべてにイエスと答えられるかどうかで検証できます。

──50代以降でも自分の商品価値を作ることは可能ですか?

『「あなた」という商品を高く売る方法―キャリア戦略をマーケティングから考える』(NHK出版新書 524)(NHK出版/208ページ)書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします

自分のバリュープロポジションを考えてこなかった人がこの世代には多い。自分の強みがどういう構造になってるかを一度整理して考えると、本来の商品価値を知る可能性は高いと思います。たとえば、製品にする部品や材料を若い人はまだ持ってないけど、50代の皆さんはお持ちなんですよ。でもその組み立てまではしてこなかった。だからまず自分を振り返って、才能、技術、知識の強みの3要素で自分という製品を組み上げる。

そしてそれに合った仕事を意図的にやっていくとか、自分が生かせるようやり方を変えていけばいい。自分の商品価値をわかっていれば、部会で「この部分は私に任せてください」と手を挙げる機会はどんな組織でも必ずあります。若い人には試行錯誤が付きものだけど、経験のあるシニアはやっていくうちにどこに落とし穴があるか勘でわかる。シニアの起業で失敗率が低いのはたぶんそういうこと。だから、50代でも十分に商品価値を作ることはできる、というのが私の意見です。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 親という「業」
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT