「EVが民主化する好機だ」と日産幹部が豪語

新型EV「リーフ」は航続距離延長で挽回期す

 9月7日、日産自動車のダニエレ・スキラッチ副社長はロイターなどとのインタビューで、近くスポーツ用多目的車(SUV)タイプの電気自動車(EV)を投入することを検討中と明らかにした。。写真はニューヨーク国際オートショーで昨年3月撮影(2017年 ロイター/Eduardo Munoz)

[横浜市 7日 ロイター] - 日産自動車<7201.T>のダニエレ・スキラッチ副社長は7日、ロイターなどとのインタビューで、近くスポーツ用多目的車(SUV)タイプの電気自動車(EV)を投入することを検討中と明らかにした。同副社長はEV事業を統括し、世界の販売・マーケティングを担当する。

スキラッチ副社長は「われわれの持つ強力なEVの経験から考えると、EVをクロスオーバー(SUV)に展開することは、まったくもって筋が通っている」と述べ、「クロスオーバーEVを近く投入する可能性がある」と語った。具体的な投入時期など詳細については言及を避けた。

日産はEV「リーフ」の全面改良車を6日に世界初公開した。10月から国内で、2018年1月から米国、カナダ、欧州で納車を始める。18年―19年めどに中国への投入も計画しており、計60カ国・地域以上への投入を検討している。

18年に追加投入する新型リーフの上級モデルの航続距離(1回のフル充電で走行できる距離)について同副社長は、米国基準で225マイル(約362キロメートル)以上になる見込みと話した。

上級モデルの航続距離については、西川廣人社長が6日、記者団に対し、300マイル以上になるとの見通しを示したが、特定の国の基準に基づいて認証を受けたものではないとしていた。バッテリー容量は60kWhという。

スキラッチ副社長は、競合他社もEVを相次ぎ投入することは自動車市場にとってプラスであり、EVが「民主化」する機会になるとの見解を示した。

(田実直美、白木真紀)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ徹底検証<br>日本は第2波に耐えられるか

米国やブラジルでは新型コロナウイルスの感染拡大が続いていますが、日本は感染者も死者も圧倒的に少ない。その理由はいったいどこにあるのでしょうか。政策面、医療面から「第1波」との戦いを検証。「第2波」への適切な備え方を考えます。