日経平均は反発、終値で2週間ぶりの高値水準

ソニーが一段高、東証1部の売買代金で首位

 8月30日、 東京株式市場で日経平均は反発。終値で1万9500円を回復し、8月17日以来約2週間ぶりの高値水準となった。写真は都内で2015年12月撮影(2017年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 30日 ロイター] - 東京株式市場で日経平均は反発。終値で1万9500円を回復し、8月17日以来約2週間ぶりの高値水準となった。前日の米株は小幅上昇、為替も1ドル109円台後半と円高が一服し、幅広い銘柄に買い戻しが広がった。北朝鮮情勢を巡る過度な懸念が後退したことも安心感となった。

TOPIXも反発。セクター別では海運が上昇率のトップ。倉庫・運輸、水産・農林がこれに続いた。半面、非鉄金属、鉱業などが弱含んだ。

JPX日経400<.JPXNK400>の銘柄入れ替えに伴う売買で東証1部の売買代金は2兆2247億円と15日以来の高水準となった。新規に採用されるソニー<6758.T>が後場一段高、東証1部の売買代金ランキングのトップとなった。

野村証券エクイティ・マーケットアナリストの佐藤雅彦氏は「テクニカル指標面でも割安感が高まっており、水準的にもうそろそろ戻ってもおかしくはない。高配当のバリュー株を中心に押し目買いが入っている」と話していた。

個別銘柄では、フォスター電機<6794.T>、TDK<6762.T>、日東電工<6988.T>など米アップル<AAPL.O>関連株がしっかり。同社株は29日に最高値を更新した。アップルが9月12日に新製品発表会を開くと報じられ、スマートフォン「iPhone(アイフォーン)」の新モデルを発表するとみられる。関連株にも新製品への期待で買いが入った。

半面、グリー<3632.T>、gumi<3903.T>、KLab<3656.T>などゲーム関連株が軒並み下落。市場では「材料出尽くしや利益確定売りで全般的に軟調。大型株が堅調な半面、ポジション調整の動きもある」(国内証券)との声が出ていた。

東証1部の騰落数は、値上がり1357銘柄に対し、値下がりが540銘柄、変わらずが126銘柄だった。

日経平均<.N225>

終値     19506.54 +143.99

寄り付き   19480.98

安値/高値  19435.1─19538.23

 

TOPIX<.TOPX>

終値       1607.65+9.89

寄り付き     1606.15

安値/高値    1601.14─1611.66

 

東証出来高(万株) 170530

東証売買代金(億円) 22247.19

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 地方創生のリアル
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT