香港に子どもを通わせる中国人家族のホンネ

中国大陸から香港へ通う子供たち<中>

先生が広東語で試験の手順を説明する。親たちが話す普通話の声量に負けないよう大音響のスピーカーを使っているが、聞き取れない親もいたようだ。学校側は普通語を使うスタッフも用意していた。

親たちにこの学校を希望する理由を聞いてみた。

応募したのはほとんどが中国本土からの子どもたち

「香港は教育、衛生、交通の秩序がより良いからです。香港の小、中、高に通ってほしいです。子どもの戸籍は香港だからここの教育を受けられるし、大人になったとき、仕事を探すにもいいと思います」

募集は15人だが応募は400人近くという狭き門

そう話すのは黒いリュックを体の前に掛けて娘の手を引いていた母親。娘は香港で出産したという。

連れていた息子に白いシャツと紺のズボンというきちっとした服装させていた別の父親は次のように言う。

一途な親の思い

「香港は自由な所で、文化の面でも大陸と異なっていますから。教育の理念も大陸とは違いますから」

いずれも両親とも中国人の家庭であるという。

そのほかにも話を聞いてみたが、いずれの親たちからも、英語をはじめとする高い教育水準に期待する以上に、中国本土よりも自由で開放的、西側先進国とほぼ変わらない環境で、子どもを学ばせたいという気持ちがにじんでいるように思えた。

試験に臨む子ども。ある親は「香港は自由な所」と応募の理由を話す

子どもたちが試験を受けている間、親たちは体育館に設けられた待合室に通され学校の活動を紹介するビデオを見せられていた。沖縄で過ごした修学旅行の映像も流れた。中国本土の学校ではまずありえないだろう。その映像を食い入るように見つめていた親たちの一途な表情に、私は少しほろりとさせられた。

しかし、香港の市民は必ずしも彼らを歓迎していない。本土の子どもたちが多くやって来る地域で話を聞いてみると、予想以上に反発の声が強いのである。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 本当は怖い住宅購入
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT