香港に子どもを通わせる中国人家族のホンネ

中国大陸から香港へ通う子供たち<中>

熊燕さん(31歳)。息子の区文迪君(8歳)は香港の小学校に通う。深圳の自宅にて
香港がイギリスから中国に返還されて20年が経った。香港が置かれた「一国二制度」とは、高度な自治を約束され、中国本土の社会主義体制に染まる必要がない50年の猶予期間。当初はこの間に、中国が香港化するのではないかという「期待」もあっただけに、今日の結果を誰が予想できたであろうか。
現実は、香港が中国化してしまった。その現実を認めるには、なにも返還記念式典に中国の習近平国家主席がやって来て、「中央政府への挑戦は許さない」と演説して香港の独立機運ににらみを利かせる必要も、閲兵式と称して誰に銃口を向けているかわからない人民解放軍を見せびらかす必要も、実はなかった。
ここに取り上げた中国人の庶民の目を通して見れば、香港がいかにして中国化しているのかがよくわかる。香港と中国本土の間(はざま)にいる家族を通じて浮き彫りになる「香港問題」を3回に分けてお届けする(前編はこちら)。

「香港に住むつもりはない」

熊燕さん一家も深圳に住み、息子、区文迪君を香港の公立小学校に通わせている。

熊燕さんは、大陸の四川省出身だが、夫は香港人。「双非」とは異なり、一家で香港に住むこともできるが、熊燕さんは「香港に住むつもりはない」ときっぱり言う。

ピアノが置かれたリビング。「香港ではこの半分の広さにも住めないかもしれない」と話す

「今の家は広いでしょう。もし香港で家を買おうとしたら、この半分の広さの家にも住めないかもしれません。不便になると思います。こちらのほうが気楽だし、物価は香港より安いですから」

マンションの建物自体はそう新しくはないが、2LDKはある家は確かに広い。家の中心を占めるリビングは、ソファやアップライトピアノが置かれても、まだまだ余裕がある。

次ページ将来のイメージは?
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • グローバルアイ
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
不動産バブル崩壊前夜<br>あなたの街は大丈夫?

日増しに強まる「不動産価格は高すぎる」の声。融資姿勢の厳格化など、バブルは崩壊前夜の様相を呈している。投資市場と居住用実需の現場に迫るほか、首都圏主要駅別に2025年の地価を予測、下落率を一覧にした。