ソフトバンク、ウィーワークに追加出資

米共用オフィス運営会社へ30億ドル

 8月24日、米共用オフィス運営のウィーワークは、ソフトバンクグループとソフトバンク・ビジョン・ファンドから30億ドルの追加出資を受けたことを明らかにした。写真はソフトバングのロゴ。都内で6月撮影(2017年 ロイター/Issei Kato)

[24日 ロイター] - 米共用オフィス運営のウィーワークは24日、ソフトバンクグループ<9984.T>とソフトバンク・ビジョン・ファンドから30億ドルの追加出資を受けたことを明らかにした。海外事業の拡張を加速する。

ソフトバンクはウィーワークの親会社の新発および既発の株式を取得する。

また、ソフトバンク取締役副会長のロナルド・フィッシャー氏と社外取締役のマーク・シュワルツ氏がウィーワークの取締役に就任する。

ソフトバンクは中国や日本、韓国、東南アジアでのウィーワークの事業拡張に既に14億ドルを投資している。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • コロナショック、企業の針路
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。