ソフトバンク、ウィーワークに追加出資

米共用オフィス運営会社へ30億ドル

 8月24日、米共用オフィス運営のウィーワークは、ソフトバンクグループとソフトバンク・ビジョン・ファンドから30億ドルの追加出資を受けたことを明らかにした。写真はソフトバングのロゴ。都内で6月撮影(2017年 ロイター/Issei Kato)

[24日 ロイター] - 米共用オフィス運営のウィーワークは24日、ソフトバンクグループ<9984.T>とソフトバンク・ビジョン・ファンドから30億ドルの追加出資を受けたことを明らかにした。海外事業の拡張を加速する。

ソフトバンクはウィーワークの親会社の新発および既発の株式を取得する。

また、ソフトバンク取締役副会長のロナルド・フィッシャー氏と社外取締役のマーク・シュワルツ氏がウィーワークの取締役に就任する。

ソフトバンクは中国や日本、韓国、東南アジアでのウィーワークの事業拡張に既に14億ドルを投資している。

人気記事
トピックボードAD
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
  • 就職四季報プラスワン
  • 北朝鮮ニュース
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
転機のLCC ピーチが仕掛けるアジア大競争

日本初のLCC(格安航空会社)、ピーチ。国際線は台湾・韓国への短距離路線が中心だったが、中距離路線に参戦。東南アジア全域を狙う。拠点・関空は台風で混乱。新戦国時代に突入。