ソフトバンク、ウィーワークに追加出資

米共用オフィス運営会社へ30億ドル

 8月24日、米共用オフィス運営のウィーワークは、ソフトバンクグループとソフトバンク・ビジョン・ファンドから30億ドルの追加出資を受けたことを明らかにした。写真はソフトバングのロゴ。都内で6月撮影(2017年 ロイター/Issei Kato)

[24日 ロイター] - 米共用オフィス運営のウィーワークは24日、ソフトバンクグループ<9984.T>とソフトバンク・ビジョン・ファンドから30億ドルの追加出資を受けたことを明らかにした。海外事業の拡張を加速する。

ソフトバンクはウィーワークの親会社の新発および既発の株式を取得する。

また、ソフトバンク取締役副会長のロナルド・フィッシャー氏と社外取締役のマーク・シュワルツ氏がウィーワークの取締役に就任する。

ソフトバンクは中国や日本、韓国、東南アジアでのウィーワークの事業拡張に既に14億ドルを投資している。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 日本野球の今そこにある危機
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
企業の成長に最も大切なものは<br>新浪剛史氏インタビュー

社員を追い詰めながら業績をひねり出すのではなく、「まずは理念の共有」が新浪流。ローソンから移って5年目、サントリーホールディングスの舵を取る辣腕経営者が、米ビーム社統合でも貫かれた「社員を大事にする経営」の神髄を語る。