ソフトバンク、ウィーワークに追加出資

米共用オフィス運営会社へ30億ドル

 8月24日、米共用オフィス運営のウィーワークは、ソフトバンクグループとソフトバンク・ビジョン・ファンドから30億ドルの追加出資を受けたことを明らかにした。写真はソフトバングのロゴ。都内で6月撮影(2017年 ロイター/Issei Kato)

[24日 ロイター] - 米共用オフィス運営のウィーワークは24日、ソフトバンクグループ<9984.T>とソフトバンク・ビジョン・ファンドから30億ドルの追加出資を受けたことを明らかにした。海外事業の拡張を加速する。

ソフトバンクはウィーワークの親会社の新発および既発の株式を取得する。

また、ソフトバンク取締役副会長のロナルド・フィッシャー氏と社外取締役のマーク・シュワルツ氏がウィーワークの取締役に就任する。

ソフトバンクは中国や日本、韓国、東南アジアでのウィーワークの事業拡張に既に14億ドルを投資している。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激突! アサヒvs.キリン<br>「正反対」のビール戦略

2020年に豪州最大のビール会社を買収するアサヒグループHD。国内縮小を見越し「スーパードライ」集中でグローバル化を強化する。一方、キリンHDは化粧品・健康食品のファンケル買収などで多角化を推進。正反対の戦略の成否は? 両社トップに聞く。