投資を避ける人に教えたいお金が増える鉄則

100円を101円にすることから始めてみよう

私なんて、毎月3000円で始めた投資があります。投資しているのさえ、忘れちゃう金額。負担がないから、気にもならず20年続けています。投資総額は約100万円になりますが、いまは200万円に増えています。知らない間に、この投資は投資額の2倍に増えました。

ずっと引き落としなので、まったく気に留めていませんでしたが、気がつけば、2倍。さあ、忘れられる金額で投資生活を始めましょう。実はこれは、純金積み立てでした。

ポイントカードも投資の一つだ

(4)使いながら使えるおカネが増えるのも投資

使っているうちに「使えるおカネ」が増えてしまう。そんな手品のようなことがあるわけない? いえいえ、ちゃんと存在します。多くの人の財布には、それがたくさん入っているはず。持っていない人を探すほうがきっと難しいと思います。

『100円ちゃりんちゃりん投資 』(プレジデント社)。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

正解は、ポイントカード。これもまた、一つの投資だと考えてください。

言うまでもありませんが、お店が発行しているポイントカードは、一定金額を使えばポイントが貯まっていきます。たとえば、100円で1ポイントがつくポイントカードなら、1万円使うと100ポイント。この100ポイントを100円分として買い物する際に使えたり、クーポン券に交換できたりするのであれば、最終的には1万円が1万100円になったと考えられます。

つまり、1万円を使いながら100円の利回りを手にしできたことになります。これを投資と言わず、何と言いましょう。ポイントカードとは、使っているうちに使えるおカネが増える投資法なのです。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • コロナ後を生き抜く
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
香港問題めぐり米中激突<br>加速するデカップリング

6月30日、「香港国家安全法」が施行されました。「一国二制度」の下での高度な自治が失われたとして、西側世界と中国の対立は一気に深まっています。米中経済の分離は、サプライチェーンの見直しなど、グローバル企業にも大きな変化を迫りそうです。