ウォルマート、音声ショッピング市場に参入

グーグルと連携しアマゾンに対抗

 8月23日、米ウォルマート・ストアーズは、アルファベット傘下のグーグルと組んで音声ショッピング市場に参入することを明らかにした。写真は同社のロゴ。メキシコ州で4月に撮影(2017年 ロイター)

[シカゴ 23日 ロイター] - 米ウォルマート・ストアーズ<WMT.N>は23日、アルファベット傘下のグーグル<GOOGL.O>と組んで音声ショッピング市場に参入することを明らかにした。

ウォルマートの電子商取引部門責任者マーク・ロアー氏はブログで、9月下旬以降、グーグルの音声認識プラットフォーム「グーグルアシスタント」上で数十万の商品を提供すると明らかにした。

アマゾンエコーvs.グーグルホーム

また、来年には米国内4700の店舗を活用した新しい音声ショッピング体験を提供する計画だとし、「音声ショッピング分野で現在どこにも存在しないような顧客体験を作り出す」と述べた。

音声ショッピングサービスは米アマゾン・ドット・コム<AMZN.O>が音声認識技術「アレクサ」を利用して消費者に提供している。調査会社イーマーケッターによると、米音声認識デバイス市場のシェアは2016年時点でアマゾンのスピーカー「エコー」が72.2%と、「グーグルホーム」の22%を大きく上回っている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当に強い大学
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT