ウォルマート、音声ショッピング市場に参入

グーグルと連携しアマゾンに対抗

 8月23日、米ウォルマート・ストアーズは、アルファベット傘下のグーグルと組んで音声ショッピング市場に参入することを明らかにした。写真は同社のロゴ。メキシコ州で4月に撮影(2017年 ロイター)

[シカゴ 23日 ロイター] - 米ウォルマート・ストアーズ<WMT.N>は23日、アルファベット傘下のグーグル<GOOGL.O>と組んで音声ショッピング市場に参入することを明らかにした。

ウォルマートの電子商取引部門責任者マーク・ロアー氏はブログで、9月下旬以降、グーグルの音声認識プラットフォーム「グーグルアシスタント」上で数十万の商品を提供すると明らかにした。

アマゾンエコーvs.グーグルホーム

また、来年には米国内4700の店舗を活用した新しい音声ショッピング体験を提供する計画だとし、「音声ショッピング分野で現在どこにも存在しないような顧客体験を作り出す」と述べた。

音声ショッピングサービスは米アマゾン・ドット・コム<AMZN.O>が音声認識技術「アレクサ」を利用して消費者に提供している。調査会社イーマーケッターによると、米音声認識デバイス市場のシェアは2016年時点でアマゾンのスピーカー「エコー」が72.2%と、「グーグルホーム」の22%を大きく上回っている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT