日野とも握手 協業を加速するいすゞの新戦略

日野とも握手 協業を加速するいすゞの新戦略

いすゞは新中計において、「技術力の蓄積」を課題の1つとして掲げた。会見では具体論に踏み込まなかったが、今後の成長戦略のポイントは新しい提携戦略にある。(『週刊東洋経済』9月8日号より)

 トラック業界再編の機運が高まる中、国内大手のいすゞ自動車は経営戦略を転換する。

 同社は8月28日、2008年度から10年度までの新中期経営計画を発表した。売上高2兆円(06年度比20%増)、営業利益1500億円(同40%増)を目指す。「世界のトラック市場はこれから成長する」。会見の席上、細井行社長は終始強気だった。

 業界には再編の波が押し寄せている。07年3月に、日産ディーゼル工業が北欧トラック大手ボルボの完全子会社となった。トヨタ自動車傘下の日野自動車、独ダイムラークライスラー傘下の三菱ふそうトラック・バスと合わせて、これで国内トラック4社のうち3社が巨大メーカーの子会社化したことになる。

 残ったいすゞをめぐる経営環境も目まぐるしく変化した。06年4月、米GMとの35年にわたる資本提携を解消。一方で同年11月に、トヨタが資本参加(現出資比率5・8%)。こうした状況下、いすゞは新中計において新しい提携戦略を打ち出した。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT