「北朝鮮リスクで下落」の日本株は「買い」か

これからの相場で外国人投資家はどう動く?

チャートの見方の一つに「押しはマドまで」がある。どういうことか。マドとは、上げ相場の場合、日足の前日の高値と翌日の安値の間が開くこと(下げパターンのチャートでは表現は逆になる)。マドを開けることは大きなエネルギーが働いたことを意味し、重要なポイントと評価される。

この「押しはマドまで」の意味は、強い相場では、たとえ一時的に下がったとしても、この重要ポイントまで下がらずに反発するが、そこを通過して下がってしまうと「弱い相場に変わった」と評価される。今回の先物の水準は、すでにマドを埋めてしまった(通過した)というわけだ。為替も(北朝鮮リスクで地政学的に円が買われるとはおかしなことだが)ドル安円高に振れている。

「買い下がり」と行きたいが、外国人の動向に注意

しかし、直近の日経平均予想EPS(1株利益)は、順調な企業業績に支えられ1413.31円と過去最高水準になっている。これを基準にすると、仮に先物の価格に近い1万9300円で計算すると、すでにPER(株価収益率=株価÷1株益)は13.65倍に低下している。筆者だったら「ここは下値拾いの好機」と見て、注目株を買い下がる。

ただし、外国人投資家の8月動向には要注意だ。一昨年の2015年8月は、チャイナショックで「大量売り」となったことは、いまだ記憶に新しいが、昨年の8月についても、外国人投資家はブレグジット(英国のEU離脱)で「6月売り」の後「7月買い越し」で消化したにもかかわらず、8月、9月については約2兆円も売り越している。

これはファンド運用の事情によると筆者は考える。世界のファンドの多くは11月決算だ。8月、9月はファンドの収益をまとめ上げる時期にあたる。予想収益に達していない時は、ここからの仕掛けもあるが、十分な収益を達成している時は、ここから「利確」だけをして、後は無理せず「流す」作戦を取ることも多い。

2016年がその典型だった。年初から8月までNYダウで約3000ドルも上げ、「カネ持ちケンカせず」の状態だった。今年も年初から約2000ドル上げており、昨年に似ている。北朝鮮リスクという利確理由もある。

にもかかわらず、筆者が買い下がりを唱えるのは、東京のダイナミックなパワーを感じるからだ。東京のいたるところで工事が始まっている。2020年の東京五輪に対応するだけでなく、10年後20年後を見据えた再開発だ。

例えば、東京の八重洲再開発では八重洲地区内の小学校の移転先建物も完成した。また兜町再開発では住民説明会も開かれた。日本橋再開発も動き出した。これは世界が引き締めに動く中で、TOPIX(東証株価指数)先物、日経225先物がスタートし、NTT株第3次放出がなされ、日本だけ逆行して緩和に動いた1988年にも似ている。この時、日経平均は2万8000円前後だった。翌1989年に一気に約1万円高となる。現在の大成建設、鹿島のチャートが物語るものに期待したい。

今週の日経平均予想レンジは1万9000円―1万9600円としたい。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地盤沈下に抗う<br>国際金融都市・ロンドンの秘策

強気の姿勢を押し出すジョンソン氏が首相に就任し、「合意なきEU離脱」が現実に迫る金融街シティー。逆境下で推進するフィンテック、グリーンファイナンス、人民元ビジネスの戦略を現地ルポ。イングランド銀行副総裁のインタビューも。

  • 新刊
  • ランキング