トヨタ、マツダと提携し米国で新工場建設へ

共同で電気自動車技術を開発

 8月3日、関係者によると、トヨタ自動車とマツダは、合弁事業で提携し、米国に新たな組み立て工場を建設することを4日に発表する見通し。写真はトヨタのロゴ、2016年9月パリで撮影(2017年 ロイター/Benoit Tessier)

[ワシントン/デトロイト 3日 ロイター] - 関係者によると、トヨタ自動車<7203.T>とマツダ<7261.T>は、合弁事業で提携し、米国に新たな組み立て工場を建設することを4日に発表する見通し。

日本経済新聞は3日、トヨタがマツダに約5%出資し、共同で電気自動車技術の開発、米国への工場新設にあたる計画だと報じた。

関係者が匿名を条件に語ったところでは、トヨタとマツダは米国に大規模工場を建設することを計画しており、電気自動車分野での提携も視野にある。米工場の建設予定地は決まっていないもよう。同関係者は、これ以上の詳細は語れないとした。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 本当は怖い住宅購入
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT