トヨタ、マツダと提携し米国で新工場建設へ

共同で電気自動車技術を開発

 8月3日、関係者によると、トヨタ自動車とマツダは、合弁事業で提携し、米国に新たな組み立て工場を建設することを4日に発表する見通し。写真はトヨタのロゴ、2016年9月パリで撮影(2017年 ロイター/Benoit Tessier)

[ワシントン/デトロイト 3日 ロイター] - 関係者によると、トヨタ自動車<7203.T>とマツダ<7261.T>は、合弁事業で提携し、米国に新たな組み立て工場を建設することを4日に発表する見通し。

日本経済新聞は3日、トヨタがマツダに約5%出資し、共同で電気自動車技術の開発、米国への工場新設にあたる計画だと報じた。

関係者が匿名を条件に語ったところでは、トヨタとマツダは米国に大規模工場を建設することを計画しており、電気自動車分野での提携も視野にある。米工場の建設予定地は決まっていないもよう。同関係者は、これ以上の詳細は語れないとした。

人気記事
トピックボードAD
  • 就職四季報プラスワン
  • 発達障害者と働く時代
  • 経済学で読み解く現代社会のリアル
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
転機のLCC ピーチが仕掛けるアジア大競争

日本初のLCC(格安航空会社)、ピーチ。国際線は台湾・韓国への短距離路線が中心だったが、中距離路線に参戦。東南アジア全域を狙う。拠点・関空は台風で混乱。新戦国時代に突入。