エプソン、28万円の高価格時計に込めた勝算

なぜ今、高機能アナログ時計を投入するのか

エプソン自身も、2012年からスポーツウォッチを、2014年から電子ペーパーを使った時計を販売。また経営難に陥った機械式時計で有名なオリエント時計を2009年に完全子会社化、今年4月からは吸収合併し、販売のテコ入れに乗り出している。

今回、エプソンが発表した時計はさまざまなセンサーや機能を搭載したソーラー発電式時計。搭載機能に違いはあれど、外観や価格帯はセイコーの「アストロン」やシチズンの「アテッサ」に近い。

スマートウォッチとは一線を画す

エプソンにとっては本格的な自社ブランドとなるTRUME。はたして消費者の支持は得られるのか(写真:セイコーエプソン)

すでに機械式のオリエント、自社ブランドのウエアラブル時計を擁する中で、今回はOEM提供で培った技術や、オリエントの販売網などを生かせる高機能アナログ時計を投入し、製品ラインナップに幅を持たせた格好だ。

エプソンの碓井社長は「新しいブランドを作るにあたって、人生をつなぎ世代を超えて愛される機器を目指した。そのため、ファーストモデルではスマートフォンの周辺機器であるスマートウォッチとは一線を画して、先端技術をアナログウォッチの形で包んだ」と話す。

足元の腕時計市場は中国人の買い控えによって、スイスや日本勢は苦戦が続く。とはいえ、「腕時計市場は安定的に成長してきた。今後も(世界的な)人口増加や生活水準の向上で、安定的な成長が期待できる」(井上茂樹ウエアラブル機器事業部長)。

エプソンは腕時計そのものの販売金額は公表してないが、ムーブメント外販を含むウエアラブル機器事業の売上高は、2016年度に507億円で赤字だったもよう。TRUMEの販売目標や、どういった分野を重点的に伸ばすかといった点に明言せず、「2025年度にウエアラブル機器事業で売上高1000億円以上を目指す」(碓井社長)というにとどめた。

日本勢ではセイコーやシチズン、カシオといった上位3社の時計事業の売上高は1300億円から1700億円程度。業界の四男坊とされたオリエント時計は吸収合併前の2015年度の売上高が71億円と規模は2ケタ小さい。

またゼロから新ブランドを立ち上げるということは時間も資金も必要になってくる。はたして同社の考えるように、消費者は"エプソンらしさ"を支持してくれるのか。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT