LINE、今秋以降に音楽配信・ネット販売を開始 絶好調LINEの次なる一手

拡大
縮小
8月21日、スマートフォンで音声通話やメールが無料でできるアプリ「LINE」を運営するLINEは、秋以降にビデオ通話や音楽配信、ネット販売を開始すると発表した。写真は昨年8月撮影(2013年 ロイター/Yuriko Nakao)

[舞浜 21日 ロイター] - スマートフォン(多機能携帯電話、スマホ)で音声通話やメールが無料でできるアプリ「LINE」を運営するLINE(東京・渋谷)は21日、新たなサービスを発表した。

2013年秋以降にビデオ通話や音楽配信、ネット販売を開始する。詳細はサービス開始時にあらためて公表する。

11年6月にサービスを始めた「LINE」は世界約230カ国で利用され、登録ユーザー数は8月21日時点で約2億3000万人。このうち国内は4700万人で、今年中に世界で3億人を目指している。これまでの音声通話やメール機能に加え、新たなサービス機能を付加してユーザーの満足度を高めるとともに、収益向上を図る。

ビデオ通話「ビデオコール」はテレビ電話機能を無料で利用できる。音楽配信「LINEミュージック」ではさまざまな楽曲を配信したり、購入した楽曲をLINE上で友人などと共有が可能。ビデオコールは今秋から全世界で開始し、ミュージックは今年中に日本からまず提供を始め、世界にも順次展開する予定。

森川亮社長は同日開いた戦略説明会で、これまで音声通話やメール、スタンプなどを提供し、「コンテンツプラットフォームとしての自信も生まれ、ユーザーも(新しいサービスを)求めていることが分かった」と新サービス導入の背景を説明し、「われわれが進化しなければ、ユーザーがすぐ離れてしまうという危機感がある」などと述べた。

ネット販売の「LINEモール」は「いつでもどこでも誰でもが売り手と買い手になれる手軽さが売り」(舛田淳執行役員)で、今秋から日本でのみ開始する。企業にモールへの出店を促し、ネット販売の場を提供するBtoC(法人から個人)だけでなく、ユーザー自身が直接物品を売買できるCtoC(個人から個人)も展開する予定だ。

(白木真紀)

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT