「食べ鉄」になれる絶品グルメ提供の列車4選

どこまでも贅沢な時間を楽しめる

どんなレストランよりもぜいたくな体験ができてしまう!?(撮影:尾形文繁)

撮り鉄、乗り鉄、収集鉄……。様々な種類がいる鉄道マニアに、近年新しく、“食べ鉄”というジャンルが加わりました。それはズバリ、おいしい料理を食べるために鉄道に乗る人たちのこと。ここではそんな食べ鉄垂涎の、グルメ列車を紹介します。

【その1】気鋭のシェフが手がける渾身のフルコースを列車内で味わう
西武鉄道・西武 旅するレストラン「52席の至福」/ブランチ1万円、ディナー1万5000円

池袋・西武新宿〜西武秩父間を結ぶ臨時電車。午前中に都心を出発して秩父へ向かうブランチコースと、夕方秩父を出発して都心に向かうディナーコースがあります。土日祝日を中心に年間100日程度運行。予約は公式ウェブサイトから。

わずか52人のためだけに都心と秩父を結ぶ特別列車

当記事は、「GetNavi web」の提供記事です

日が傾きかけた西武秩父駅に、見慣れぬ列車が停まっています。西武鉄道が運行する「52席の至福」。昨年4月から運行を開始し、いまだ予約が困難な人気列車です。

次ページ列車内であることを忘れてしまいそう
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ひとりの贅沢空間~週末に聴きたい名盤
  • 若者のための経済学
  • 内田衛の日々是投資
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。