米国株の有望業種は消費財、金融もなお注目 マネックス証券チーフ・ストラテジスト広木隆氏に聞く(下)

拡大
縮小
前回に引き続き、マネックス証券チーフ・ストラテジストの広木隆氏に、米国株式市場の今後についての見通しを聞いた。今回は「今後の注目セクター」や、米国株式で運用する際の注意点などにも触れてもらった。

欧州経済の底入れは、中国経済に好材料

――好調に見える米国株式市場ですが、秋以降のリスク要因として、中国をはじめとする新興国経済失速などの懸念材料があるのでは?

確かに中国経済の失速は、株価にとってネガティブ要因ではありますが、今、グローバルに経済を見ていくと、ちょっとしたポジティブサプライズがあるのではないかと考えています。

それは、欧州経済の回復です。

完全復活というには、まだ道のりが遠いのですが、少なくとも欧州経済に対しては、誰も、何の期待もしていなかったわけです。それが少しでも状況が良くなるとしたら、それはポジティブサプライズです。

欧州経済が少しでも回復すれば、中国の欧州向け輸出が回復しますから、徐々に中国経済にとってもプラス要因になるはずです。

確かに、中国経済に関してはシャドーバンキングの問題や不動産バブルの問題など、このところネガティブな話ばかりが続きましたが、欧州経済の回復を機に、少しずつ良い方向に動く可能性はあると考えています。

次ページバブル崩壊後、米国の消費スタイルは変わった
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT